「朝活」とは?

朝活は若い世代から年配の方まで大きく注目を浴びています。しかし、実際になにをするのか分からない、朝が苦手などあると思います。そこで今回は「朝活」について紹介していきたいと思います。

 

朝活とは?

朝活とは、その名のとおり朝に活動することです。朝活動の略です。仕事に行く前、学校に行く前、普段は寝ている時間に何らかの活動をすることです。勉強だけでなく、趣味であったり、人との交流があったり、健康づくりの為の運動であったり何でもいいのです。十分な睡眠時間をとっていたとしても、朝は時間がある限りついつい寝てしまうものですよね。ただ寝ているのではなく、なにか活動して自分の成長につなげましょうということで始まりました。

 

朝活のメリットとは

「朝活」を始めることで、それまでには気づくことができなかったさまざまなメリットを見つけることができます。

〇生活リズムが整う
朝起きて、日が昇っている時間に活動して、日が沈めば休む。これが本来あるべき人間の姿です。ですから、夜更かしをせずにしっかりと寝て、朝起きて活動するというリズムにするべきです。そのように生活リズムを整えることで、体調面も充実するでしょう。

 

〇時間が増える
1日の時間は有限です。ですから、朝に使える時間が増えるのは非常に嬉しいことですよね。日中は仕事や学校に忙しかったりして、なかなか時間が作れません。かといって夜長く作業すれば、日中の効率は落ちるでしょう。朝に時間を作るというのは、非常に良さそうです。

 

〇作業に集中できる
朝は最も集中力の高い時間です。脳の中にある記憶が一番整理された状態なので、頭が最もスッキリしてさえているそうです。高い集中力で効率よく作業ができます。

 

デメリットは?

デメリットは「睡眠時間が減る」それだけです。今まで出社ギリギリに起きていた人はリズムをつかむまでが大変だし、前日に夜更かしをしたり、飲み会に参加したりした翌朝は、どうしても起きられないこともあるでしょう。「今日は無理」という時は、無理に早起きをしなくても良いのです。大切なのはマイペースで続けることなので、早起きが苦手なら「週に2、3回だけ頑張る」というように、ルールを作ってしましょう。

 

朝活のオススメ活動

〇読書
学生時代はたくさん本を読んでいた人も、社会人になると忙しく、なかなか本を手に取れなくなります。通勤時間を利用しようと思っても、ぎゅうぎゅうに混んでいる満員電車の中では難しいですよね。そこでおすすめなのが「朝読書」です。集中力が増しているので内容もどんどん頭に入ってきます。自宅で読んでも良いですが、少し早めに出れば電車やバスも空いているので、座席にゆったりと座って読書しながら向かうのも良いでしょう。また、起床してから3時間は脳のゴールデンタイムであると言われており、その時間に読書で情報を取り入れることで、記憶に残りやすい、多くの情報を取り入れられるというメリットがあります。

〇有酸素運動
朝は1日のうちで最も脂肪が燃焼しやすい時間なので、ダイエットに最適です。運動する時はまず糖質を消費し、足りなくなると体内に蓄えられていた脂肪を分解するというようにできていますが、朝は空腹で血糖値が低く、すぐに脂肪の分解へ移行するので、夜の運動よりも痩せやすいのです。また、朝の新鮮な空気を吸い込むことで血行が良くなり、体温が上がることも基礎代謝アップにつながって脂肪の燃焼は大いに役立ちます。脳に流れ込む血液の量が増えるので、頭をシャッキっと働かせたいときにも朝の運動はもってこいですよ。

 

まとめ

いかがでしょうか。「早起きは三文の徳」と言われるように、様々な気づきや喜び得ることができます。自分のペースで色々なことに挑戦してみてくださいね!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別