幼児期から始めさせたい習い事

皆さんは子どもの頃、習い事をしていましたか?
近年、小学校入学前の幼児期から習い事を始めさせているお母さま方が増えているそうなんです。
そんな幼い頃から習い事をさせるのにはどんな意味があるのでしょうか?
今回は幼児期習い事を始めさせるメリットについて詳しくみていきたいと思います。

 

幼児期ならではの理由

幼児期から習い事をさせるメリットはたくさんあります。
しかし、幼児期は自分の意志とは関係がないので「親が子どもに習い事をさせている」というイメージが強く、抵抗がある方も多いのではないでしょうか?確かに、この時期の習い事は親の意思が表れやすいものでもありますが、これによって子どもにもたくさんのメリットがあるんです。
幼児期の子どもたちは保育園や幼稚園、家庭などに制限された環境下で育ちます。
しかし、幼いうちからいろいろな習い事をさせることによって、自由に学べる範囲を広げ、子どもたちの可能性を見つける機会を増やすことができます。
また、自分で思う存分やりたいことを見つけ挑戦する機会も増えるので、のびのびと個性を伸ばしてあげられますよね。
家族以外の人と関わることで、他人とのコミュニケーションを円滑にするスキルを覚え、幼いうちから礼儀や社会性を育てるきっかけにもなります。

 

将来に大きく関わる

幼児期は特に、周りの様々な出来事に刺激を受けて育ちます。
有名なスポーツ選手やピアニストなどは幼い頃から習い事を続けてきた方が多いです。
素直な時期でもあるので、覚えることや出来るようになることに喜びを感じ、夢中になって挑戦できます。
そのため、楽しみながら将来につながるスキルを学ぶことが可能です。
また、グローバル社会に適応できるようにと「英語」を学ばせる親も増えてきています。
幼児期から当たり前のように英語を聞き、話すようになることで自然と英語を使えるようになります。
幼児期は多言語を勉強としてとらえることもなく、抵抗なく受け入れることができるので学ばせるのに最も適した時期であるとも言えます。

 

音楽の才能を養う

幼児期はまだ羞恥心が出てくる前の段階です。
そのため、人前に出て踊ったり、歌ったりすることにも抵抗はありません。
むしろ、音楽に関わる行為が好きな子どもが多く「好きなこと」として初めての習い事に選ばれることが多いです。
「ピアノ」などの楽器を幼児期から触らせることで、音に敏感になり「絶対音感」などの才能を養うことができる可能性も非常に高くなります。
また、音楽には「聴く力」「リズム感」「感性」などを養うことも期待できますし、将来的に活躍の場を広げるうえでおすすめの習い事だともいえます。
また、「ピアノ」は指先を使ったり、身体を使ったりすることで脳の発達が促されるともいわれています。
音楽に関わる習い事として、最近人気のダンスも柔軟性やバランス感覚を鍛えるだけでなく、表現力も養うことができます。

 

水泳や体操

「水泳」や「体操」は心肺機能が鍛えられたり、風邪を引きにくい体質になったり、ぜんそくなどの症状を抑える効果もあるので、初めての習い事としても、長く続けさせる習い事としてもおすすめです。
幼児期の成長段階で習い事として始めることによって、体力がつくので健康的な体づくりとして始めさせる親も多いそうです。
また、柔軟性やバランス感覚が鍛えられます。根強く練習することで、目標に向かって努力する精神を養い、心身ともに強く成長させることのできる習い事としても人気を集めているそうです。また、体育の授業でも積極的に参加できるようになり、子どもの自信につながります。

 

まとめ

いかがでしたか?幼児期から習い事をさせるメリットを少しでも感じていただけましたら幸いです。
子どもたちにとっても、「特技」と呼べるものをひとつでも持っていることは将来的にも大きな自信になってくれるではないでしょうか。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別