無農薬野菜と有機野菜の違い

「無農薬野菜」や「有機野菜」といった言葉からは、「なんとなく体に良さそう」「野菜本来の味がしそう」といったイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。「なんとなく」ではなく、きちんと違いを知って選べるようになりましょう。今回は、無農薬野菜と有機野菜の違いや、良さについてを紹介していきたいと思います。

 

無農薬野菜とは

無農薬野菜とは、「栽培期間中に」農薬を使わない、農薬の使用を控えた野菜を指します。
もしも、栽培期間外に、つまり昨年の栽培で農薬を使った場合、農薬や化学肥料がその土壌に残っていたとしても、今年度に農薬を使わなければ作られる野菜は無農薬野菜として扱えます。
なお、化学肥料の使用につきましては定められておりませんので、農家によって使用していたり使用していなかったりします。
無農薬野菜という呼び名は、「土壌にも全く農薬が残っていない状態で栽培されている」と消費者が誤解してしまうことから、農林水産省は「特別栽培農産物」と呼ぶことを推奨しています。
ですが、世間一般的に認知されていないため、現在でも「無農薬野菜」と呼ぶことがほとんどです。

 

有機野菜とは

一方で有機野菜というのは、農林水産省が定めた「有機JAS規格」に適合した野菜のことです。オーガニック野菜と呼ばれる種類も、有機と同じ意味を指しています。
有機肥料などを主として栽培し、禁止されて農薬や化学肥料を使っていないのが特徴です。言い換えれば、自然の力を生かして環境にやさしい手法で栽培されている野菜と言えます。
しかし、許可された農薬や化学肥料は使用できるため、有機野菜だからといって全く農薬を使っていないわけではありません。
有機JAS規格とは、多年生野菜は3年以上、単年野菜は2年以上の間、禁止農薬・化学肥料を使用していない土壌で栽培すること、遺伝子組み換えではないことを言います。

 

無農薬野菜のメリットとは

①安全面
無農薬野菜は、安全面で消費者からの信頼を得やすいというメリットもあります。しかし、無農薬と聞くと完全に農薬を使っていないと思っている人も多く、健康を害する心配がない野菜と取られています。実際はまったくの無農薬ということは少なく、法律で決められた最低限の農薬や肥料は使用されています。
通常の野菜に比べ、化学的に配合された農薬や肥料は使用されていないという点において、安全面で安心であることに変わりはありません。
他にも、直売所やスーパー、レストランなどにも生産者の名前と顔を表示することが多く見られます。生産者の顔が見える野菜は安全に作られているとうい安心感があります。

②味がしっかりしている
農薬が最低限の環境で育てた野菜は、自分の力で成長しようとします。野菜の特性とマッチした土壌で育てることができれば、農薬を使わなくてもきちんと育ちます。
もし、無農薬野菜を購入するなら、色が濃くて形がきれいな野菜を選ぶと良いでしょう。

③新鮮
無農薬野菜は、野菜本来の美味しさを引き出して栽培されるので、みずみずしくて美味しいという意見が多いそうです。自分で成長しようとするためか農薬を使って育てられた野菜より栄養価が高く、健康的です。自然の恵みによって育てられた野菜なので新鮮ですね。

 ④宅配の場合多くは、自分で選べる
段ボールに色々な新鮮な野菜が詰められてくるイメージだと思います。定期的に色々な野菜がセットで詰められて自宅に届くというのもありますが、セットではなく自分で選べるのもあります。自分で納得した野菜を食べれるのも良いですよね。中には産地までもこだわりたいという意見もあり、選べるサービスが登場しています。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別