無農薬野菜と有機野菜の違い

「無農薬野菜」や「有機野菜」といった言葉からは、「なんとなく体に良さそう」「野菜本来の味がしそう」といったイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。「なんとなく」ではなく、きちんと違いを知って選べるようになりましょう。今回は、無農薬野菜と有機野菜の違いなどについて紹介していきたいと思います。

 

無農薬野菜とは

無農薬野菜というのは、その名の通り農薬を一切使わずに栽培された野菜のことです。
ポイントは「栽培期間中に」農薬を使わない、という点です。
もしも、栽培期間外に、つまり昨年の栽培で農薬を使った場合、農薬や化学肥料がその土壌に残っていたとしても、今年度に農薬を使わなければ作られる野菜は無農薬野菜として扱えます。
なお、化学肥料の使用につきましては定められておりませんので、農家によって使用していたり使用していなかったりします。
無農薬野菜ということから、土壌にも全く農薬が残っていないと消費者が誤解してしまうことから、農林水産省は「特別栽培農産物」と呼ぶことを推奨しています。
ですが、世間一般的に認知されていないため、現在でも「無農薬野菜」と呼ぶことがほとんどです。

 

有機野菜とは

有機野菜というのは、農林水産省が定めた「有機JAS規格」に適合した野菜のことです。
オーガニックは、有機と同じ意味です。有機肥料などを主として栽培し、禁止されて農薬や化学肥料を使っていないのが特徴です。
しかし、許可された農薬や化学肥料は使用できます。有機野菜だからといって全く農薬を使っていないわけではありません。
有機JAS規格とは、多年生野菜は3年以上、単年野菜は2年以上の間、禁止農薬・化学肥料を使用していない土壌で栽培すること、遺伝子組み換えではないことを言います。

 

無農薬野菜のメリットとは

①安全面
無農薬の野菜は、安全面で消費者からの信頼を得やすいというメリットもあります。しかし、無農薬と聞くと完全に農薬を使っていないと思っている人も多く、健康を害する心配がない野菜と取られています。実際はまったくの無農薬ということは少なく、法律で決められた最低限の農薬や肥料は使用されています。ですが、通常の野菜より農薬や肥料はかなり減るので安全面で安心であることに変わりはありません。他にも、直売所やスーパー、レストランなどにも生産者の名前と顔を表示することが多く見られます。生産者の顔が見える野菜は安全に作られているとうい安心感があります。

②味がしっかりとしている
無農薬で育てた野菜は農薬や肥料の助けが最小限であるため、自分の力で成長しようとします。野菜の特性とマッチした土壌で育てることができれば、農薬を使わなくてもきちんと育ちます。もし、無農薬野菜を購入するなら、色が濃くて形がきれいな野菜を選ぶと良いでしょう。

 

無農薬野菜のデメリット

①野菜が不揃いになりがち
無農薬野菜は形が不揃いになりやすいです。便利な農薬や化学肥料に頼ることができませんので、その分土壌の管理や生育過程のチェックなどを細かく行う必要があります。しかし、何らかの理由で栄養不足になると、大根が二股になったり、キュウリの緑が薄くなったりしてしまいます。

②値段が高い
無農薬野菜は、一般的な野菜と比べると3割程度割高です。しかし、スーパーによっては売られているものとほとんど価格差がない場合もあります。

 

安く手に入れる方法は

高いと思われがちな無農薬野菜を安く手に入れるなら、野菜宅配サービスがあります。このサービスは、無農薬栽培を行う農家と販売店が直接契約を提携して一般消費者の方に販売しているものです。自分の判断で無農薬野菜を安く手に入れようとするのはかなり難しいので、結果最善の手段として野菜宅配サービスがあると言えます。

 

まとめ

いかがでしたか。無農薬野菜のメリット、デメリットが分かりましたね。これを参考に無農薬野菜を一度購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別