地球環境にも優しい製品で

美容と地球環境というと、一見どこにつながりがあるの?とお思いになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私たちの暮らしは昔と比べ、とても豊かになりましたが、その反面、地球環境へのダメージをもたらしているのも事実です。
美容液、クリーム、化粧水・・・キレイを保つための製品もとても多く、実際何を使っていいのか、どれが優しいものなのか等わからないですよね。
今回は、お肌にも地球環境にもやさしい美容をご紹介していきたいと思います。

 

美容と地球環境のつながりは?

スケールが大きく、聞いてもイマイチぴんと来ない方が多いでしょう。実は、美容に関するシャンプーや化粧品などにはたくさんの添加物、化学物質が使用されているのです。
皆さんも言葉は聞いたことがあるかと思いますが、これらを合成界面活性剤と呼ぶこともあります。
名前の通り、地球上に自然にできたものではなく、人間の手で科学的に作られたものです。
私たちの生活を思い返してみてください。美容のためにパックをしたり、髪の毛がさらさらになるシャンプーを使ったり、メイクを落とすためにメイク落としを使ったりと、実は日常生活のあらゆるところに添加物、化学物質を使った製品があふれかえっているのです。

これらは水と一緒に生活排水として流れ、最終的に川に、海にたどり着きます。

個人では微量しか使わなくても、同じように製品を使っている人はたくさんいます。たまに、ではなく、毎日使っているので地球環境には大ダメージを与えているのです。

○合成界面活性剤とは
普段交じり合うことのない物質同士を結び付けることができるものです。アミノ酸系、石けん系、石油系など合成界面活性剤の中でもいくつかの種類に分けることができます。

 

どういったところに影響するの?

一昔前までは、添加物や化学物質がなく、川の水もとてもきれいで飲むことができ、きれいな川でしか生活できないメダカなどの水生生物がたくさんいました。
ですが、最近はこのメダカが減少し、絶滅危惧種への登録もされています。
本来川の水は、微生物が汚れを分解することで透き通った透明で、きれいな水の状態を保っているのですが、添加物や化学物質の垂れ流しによって、微生物がそれらの汚れを分解することができず、水が濁り、汚く、水生生物が減少してしまうのです。

 

どういったものが地球環境に良いの?

いくら地球環境へ大ダメージを与えてしまうと言われても、それらを止めることが一番いいのでしょうが、シャンプーやメイク落とし、パックなど、今の私たちが生活を送るうえで欠かせないものばかりですよね。
そこで、どんなものが地球環境へダメージを与えず、なおかつ私たちのキレイを作り上げてくれるものはどういったものかを見分ける方法をご紹介していきたいと思います。

○自然なものを使っているか
実は、界面活性剤は合成だけではなく天然のものもあることをご存知でしょうか。
代表的な天然の界面活性剤は、卵黄に含まれている卵黄レシチンがあります。食品でも、化粧品でも、界面活性剤の効果によって乳化しているものはたくさんあります。
化粧品ですと、サポニンやペプチドなど、植物由来の天然物質のものが使われているものが良いでしょう。

 

○原材料が表示されているか
表示法などの関係で、成分表記がこと細かく書かれているものがほとんどですが、表示を見ても何が何だかわからないという方は多いのではないでしょうか。
表示には順番もあり、最初に書かれているものから順に、この成分が多く入っていますよ、と表しています。本当に環境にやさしい成分を使っているものは、何から作られた成分なのかを表記してくれていることもあります。
この表記を確認することで、肌にも、地球にも安全なものか知ることができますね。

 

正しい製品を選んで、自分も周りもハッピーに

いかがでしたでしょうか。今ではリーズナブルで性能が良い化粧品もたくさんありますが、その先の地球環境を考えるとなると今のままでは・・・と感じたのではないでしょうか。
リーズナブルの製品がすべて悪いというわけではありませんが、将来のお肌、身体、地球環境のために、できるだけ自然の成分が入っているものを使ってみてはいかがでしょうか。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別