美容効果のあるスーパーフード

スーパーフードという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
ですが、一体何がスーパーフードでどれがいいのか、結局何に効果があるのか等わからないことだらけですよね。

今回は美容効果のあるスーパーフードに注目してご紹介していきたいと思います。

 

そもそもスーパーフードって?

スーパーフードとは、「抗酸化力」がある自然食品の総称です。
普段から積極的に取り入れることで、身体の内側から環境を整えることができます。

また、スーパーフードは人間の体内で作り出すことのできない「必須栄養素」と呼ばれるものを程よく含んでいるのも特徴です。
低カロリー、豊富な有効栄養成分、メディカルハーブの要素を兼ね備えた自然食品のことを指しています。

 

美容によいスーパーフード

○お蕎麦

お蕎麦の原料である蕎麦粉には、白米や小麦と比べてビタミンB群、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル、ポリフェノールの一種のルチンといった栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンB2には、細胞の再生を助けて、健康的な髪の毛やお肌を作る働きがあると言われています。また、このビタミンB2とビタミンB6を一緒に摂取すると美肌効果も期待できます。

また、ルチンにはシミやしわの原因となる活性酸素を除去するための抗酸化作用を持ち合わせているので、これらを含むお蕎麦は美容にとても良いスーパーフードですね。

○玄米

玄米にはむくみを解消する、老化防止、ダイエットといった効果を期待することができます。私たちが普段食している白米は胚乳と呼ぶ部分で、残念ながらあまり栄養価が含まれていません。

白米に精米する前の段階の玄米は、ぬか層や胚芽がそのまま残るため、豊富な食物繊維やビタミン、カリウムを持ち合わせています。カリウムは身体の中の余計な塩分を排出し、利尿作用があることからむくみの解消に効果的と言われています。

最初から玄米だけを食べるとなると少し苦手意識が芽生えてしまう方もいると思いますので、白米と混ぜながら最初は取り入れることをお勧めします。

○はちみつ

風邪をひいたときにのど飴に、よくはちみつが使われていますが、それはたくさんの栄養素が含まれ、のどの痛みを和らげる抗炎症作用の他に、疲労回復や整腸作用があるからです。

また、はちみつはあんなに甘いのにカロリーは砂糖より低いので、お菓子作りや料理の際にはちみつを使うことで、カロリーが抑えられますよ。ドクターリセラでは添加物や混合物を一切使用しない国産100%「天然100%純粋国産はちみつ」を販売。
とれたての自然の恵みそのままを楽しむことができます。

○チアシード

チアシードには食物繊維はもちろん、オメガ3脂肪酸、カルシウム、鉄分も豊富に含まれています。ダイエットに良いとされている食品でもあります。チアシードの美容効果はたくさんあり、お肌の老化防止、カルシウムの補給、貧血予防など美容に関してたくさんの良い効果があると言われています。

また、食べることによってアレルギーの発症を抑えたり、血糖値の上昇を抑える、血中コレステロール値の上昇を抑えるなどといった健康面でも効果があると言われています。また保水性も優れているので、そのまま食べるときはよく噛んで食べるようにしましょう。小さなお子様や高齢の方が召し上がる場合は十分に水を吸わせたものをよく噛んで食べることをお勧めします。

 

そもそもチアシードって?

チアシードとは、メキシコやグアテマラなどの中南米で栽培されているシソ科サルビア属ミントの一種の「チア」という植物の種のことです。チアは、マヤ語でチカラや強さという意味を持ち、古代マヤ・アステカの時代、少なくとも16世紀には大切な栄養源として栽培されていました。今の生活の跡形もなかった時代から重宝されていたのには、チアシードの豊富すぎる栄養素のおかげなんです。

チアシードに含まれている栄養素をざっと説明すると、

・食物繊維

・ミネラル

・リン

・マグネシウム

・完全たんぱく質

・オメガ脂肪酸   etc…

 

簡単に説明しただけでも6種類の栄養素が含まれており、ゴマ粒ほどのチアシードを摂取するだけで多くの栄養素を取り込むことができます。
その栄養価の高さから、チアシードと水だけがあれば生きていけると言われ「奇跡の食べ物」とも呼ばれているそうです。食物の調達が難しかった時代から大切にされていたことは納得ですね。

 

 

白?黒?何が違うの?

チアシードには「ホワイトチアシード」と「ブラックチアシード」の2種類があるのはご存知ですか?
実は色の違いで栄養価が異なるのです。2種類の違いについてご紹介します。

 

〇ホワイトチアシード

見た目が白いチアシードのこと。ホワイトチアシードはブラックチアシードよりも栄養価が高いことが判明し、品種改良して白のみのチアシードが作られたんです。
16世紀から栽培されていたのがブラックチアシード、品種改良で生まれたのがホワイトチアシードということですね。

 

〇ブラックチアシード
一般的にみなさんがチアシードとして目にしているのは、このブラックチアシードの方です。ブラックチアシードはホワイトチアシードよりも安価で手に入るため、生活に取り入れやすいのがメリットです。

 

▼それぞれの効果や含有量をまとめたものが下の表になります。

 

ホワイトチアシード ブラックチアシード
膨張率 14倍 10倍
オメガ3脂肪酸含有量 3425mg / 15g 3100mg / 15g
熱への耐性 アリ ナシ
食物繊維含有量 5.1g 4.2g
価格 高価 安価

 

 

 

次ページ
チアシードはお肌にも効果的?!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別