シミのメカニズム

年を重ねていくと、どうしても気になる「シミ」。以前はこんな所にシミなんてなかったのに、気が付いたらいつの間にかできていたなんてことありますよね…。今回はシミの症状・対策について紹介していきたいと思います。

シミができるメカニズム

あなたはシミがどうしてできるのか、そのメカニズムを知っていますか?
まず、肌が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラノサイトというのが活性化し、メラニンを生成して皮膚を黒くします。これが「日焼け」によって肌が黒くなる仕組みです。そしてその黒くなった肌(メラニン)は、通常ならば表皮の肌が生まれ変わるサイクルによって、徐々に皮膚表面に押し出され、最終的には垢とともにはがれ落ち、肌の色も元の状態に戻ります。ところが、紫外線というのはすごく強力なパワーを持っているので、長年紫外線のダメージを受け続けると、肌の細胞が変化し、このサイクルに問題が生じるようになります。
これによってメラニンが過剰に生成されるようになり、肌が生まれ変わるサイクルも正常に行われなくなった結果、メラニンがうまく排出されずに蓄積されたままとなり、シミとなってしまうのです。

顔にできるシミの種類

一言にシミと言っても、シミにも様々な種類があります。まずは自分がどのタイプかを確認しましょう。

〇老人性色素班(日光黒子)
最も多いタイプのシミです。額や頬、こめかみなどにできやすく、紫外線の影響でできるため、日焼けシミとも呼ばれています。40歳前後で気になり始める方が多いのが特徴です。日焼けするほどに増え、薄茶色だったものが次第に濃くなっていきます。

 

〇炎症性色素沈着
傷跡やニキビ跡がシミになったものです。状態によってはセルフケアで対処できないこともあります。

 

〇肝斑(かんぱん)
頬骨や額、鼻の下に左右対称に出るシミです。30代~40代に多く見られます。女性ホルモンが関係しており、妊娠中やピルの服用中に出やすくなります。

 

〇雀卵斑(そばかす)遺伝子によるものが多く、成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなったりします。

 

〇脂漏性角化症
シミの角化が進み、イボ状のシミです。徐々に厚くなっていき、レーザー治療が必要なシミです。

 

光線性花弁状色素班
短期的に大量の紫外線を浴びて強い日焼けをした後に、肩や背中、胸元などにできるシミです。特に色白の方に出やすいシミです。

 

〇遅発性両側性太田母班
額、目の周り、頬などに生まれつきある茶褐色または青いアザのようなシミです。特に日本人に多いシミです。

 

対策方法

① 美白化粧品を使う
スキンケアにおすすめなのが、美白有効成分が配合された化粧品である「美白化粧品」を使うことです。美白化粧品はシミの原因となる「メラニン色素」の生成を抑えたり、できてしまったメラニンを還元したりする働きを持っており、シミ対策に効果的です!

 

② 食べ物でシミ対策
シミ対策は食べ物でも行うことができます。
・ビタミンA・C・E
メラニンの生成や活性酸素の働きを抑えて、シミ・老化を防ぐ。
(鶏、豚、牛レバー、ニンジン、カボチャなど)
・アスタキサンチン
抗酸化作用・メラニン抑制作用によってシミ・老化を防ぐ。
(鮭、エビ、カニなど)

 

③ 日焼け止めを正しく使って予防する
自分の肌に合った日焼け止めが見つかったら、たっぷりと肌に乗せていきます。縦1センチ横1センチの場所に、2mg塗るのがベストだと言われています。また効果を持続させるには、2~3時間おきに塗り直しが必要です。商品に塗り直しの時間について記載されている場合は、表示時間を目安にしてください。

 

病気になることも

シミに似た症状が出る病気として、「表在型基底細胞癌」、「性黒色腫(悪性黒子)」などの皮膚がんなどがあります。シミの中にただれができる、日光に当たらない部分に発生するなどの症状がでてきたら、すぐに専門医を受診しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。シミの治療が進んでいる現在、シミができたからと言って諦めず、自分に合ったセルフケアでいつまでもきれいな自分でいたいですね!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別