界面活性剤と美容のかかわり

界面活性剤と聞くと、どんなイメージを持ちますか?一般的にはシャンプーやせっけんなど、身体の汚れを落とすものや食器洗いの洗剤などのイメージではないでしょうか。界面活性剤と美容はどこに関係性があるのか。実はとても身近で密接にかかわっているのです。今回は界面活性剤と美容のかかわりについてお話していきたいと思います。

 

界面活性剤とは

界面活性剤とは、水と油など、本来そのまま混ぜ合わせても混ざらないものを意図的に混ぜ合わせるためのものです。その中でも、「天然の界面活性剤」と「合成の界面活性剤」の2種類に分かれます。

 

天然の界面活性剤

天然由来の界面活性剤は主に、サポニンやペプチドのように天然物質としてもともと自然界の中に存在するもののことを表します。その中でも代表的なものが「レシチン」です。レシチンは大豆に含まれる大豆レシチンや卵黄に含まれる卵黄レシチンの2種類あります。

 

合成の界面活性剤

天然の界面活性剤とは違い、原料によって「石油系」「石けん系」「アミノ酸系」など様々な種類があります。また、人の手が加えられているので、洗浄力も天然のものより高いものが多いです。
シャンプーや台所用洗剤、化粧品などでもこちらの合成の界面活性剤が使われているものが多いです。

 

界面活性剤がお肌にもたらす影響

「界面活性剤は身体に悪いから」という言葉をよく聞きませんか?これは、合成界面活性剤が広く使われるようになってから言われるようになった言葉です。汚れを落とすことに注力してしまったために、高濃度で洗剤を使用し、肌荒れを起こしたり、体内へ侵入することで悪影響をもたらしたりするためです。そもそも、人の肌には角膜層があり、この角膜層が外部から肌を守っているのです。界面活性剤はこの角膜層を破壊してしまう恐れがあるので、身体に悪いという考えが広まりました。ただ、界面活性剤のすべてが悪いのではなく、お肌に影響を及ぼすのは石油系の界面活性剤の一部です。そのほかの界面活性剤であれば水でしっかりと洗い流してあげることで、肌荒れなどのトラブルから身を守ることができます。

 

切っても切れない関係

私たちが生活しているうえで界面活性剤は切っても切れない関係にあります。例えば、台所用洗剤も界面活性剤が入っています。主婦の方ですと食器洗いをしないわけにはいきませんので毎日、この界面活性剤がお肌に負担をかけてしまいます。また、毎日のお風呂の中で使っているシャンプーなどにもこの界面活性剤は使用されています。ただ、最近は合成界面活性剤ではなく、天然界面活性剤を使用したシャンプーも売られていますので、こういったモノを是非選んで使って下さいね。

 

化粧品にも界面活性剤はたくさん!

女性の方だと毎日会社にメイクをして出勤しますよね。実は毎日使っている化粧品にも界面活性剤は含まれているのです。界面活性剤=洗浄・洗うなどのイメージが強いかと思われますが、実は乳化しているものも界面活性剤の効果なのです。乳液やクリームなど、成分表を見てみると「水」という表記があると思います。この水と油分を組み合わせることでお肌に最適な状態を提供できることができるのです。危険なものを毎日顔に塗ったりしているの?と不安になるかもしれませんが、基本的に「洗浄」が目的以外で配合される界面活性剤と比べると配合が少なく、お肌へダイレクトに影響を与えるものはないので安心してくださいね。

 

すべてが悪いというわけではない

いかがでしたでしょうか。界面活性剤と言っても天然と合成のものがあるということ。私たちの生活は界面活性剤がすごく身近にあるということが伝われば幸いです。界面活性剤の良いところと悪いところを見極めて、上手に取り入れていきたいですね。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別