効果的なお水の取り入れ方

普段何気なく飲んでいるお水ですが、実は身体中の老廃物の排出を促したり、代謝をよくしたりするために重要だってこと知っていましたか?今回はそんなお水を飲むことによって得られる効果と、取り入れ方をご紹介していきたいと思います。

 

水と飲むことで得られる効果

定期的にお水を飲むことで得られる効果はたくさんあります。

〇老廃物のデトックス作用

お水を飲むことで血液の流れをよくするということは、新陳代謝を活発にしてくれることにもつながります。またお肌のターンオーバーをスムーズにしたり、便秘改善で肌荒れが起きにくくなったり、あらゆる体の毒素を出してくれる役割があります。お水を飲むだけで若々しくいられるのはとても魅力的ですよね。

 

〇保水力が高まる

私たちの身体のおよそ60%は水分から成り立っています。赤ちゃんの時だと身体の水分量は約80%ですので、年齢とともに身体の水分量は減ってしまいます。赤ちゃんのあのモチモチプルプルのお肌は水分量が関係していたのですね。定期的にお水を摂取し、身体の水分量を一定に保てるようにしましょう。

 

〇ニキビや乾燥肌などの肌トラブルの改善

身体中をめぐっている血液の約90%がお水から成り立っています。血液中の水分量が減ってしまうと血液の流れが悪くなり、体中のあらゆる毒素を排出しにくくなってしまいます。そのため、水分が行き届いていないところが乾燥肌になってしまったり、ニキビや吹き出物ができてしまったりとお肌のトラブルにつながってしまいます。お水を飲むことでこの血液の流れがよくなり、ニキビや吹き出物、乾燥肌の原因が血液を伝って排出していくので、改善していく傾向があります。

 

〇基礎代謝が上がる

お水を飲むだけで、なんで基礎代謝が上がるの?とお思いになる方もいるかもしれません。

これは、お水を飲むと一時的に体温が下がり、その下がった体温を元に戻そうとエネルギーを消費するため、その動きによって基礎代謝が上がります。血液中の水分量が適切なものを保てていると血液中の流れがよくなり、身体の隅々まで行き届くスピードが速くなります。逆に水分量が少なく、ドロドロした血液だと、なかなか身体の隅々まで行き届かず、代謝が悪くなるのです。基礎代謝が上がればダイエット効果も期待できますね。

 

いつ飲めばいい?

よく、1日2リットルのお水を飲むと良いと聞きませんか?実はこれ、ただ単に2リットルの水と飲むのと、計画的に水を飲むのとでは全く効果が違います。

まずは朝起きたときにコップ1杯のお水を飲もう

人は寝ている間に約コップ1杯の汗をかくと言われています。汗をかいた水分をまずはコップ1杯程度のお水を飲んで補いましょう。キンキンに冷えた水ではなく、常温もしくは白湯をお勧めします。身体の腸などの内臓に働きかけ、起こしてくれるので、お通じの改善にもつながります。

一気に飲むのではなく、少しの量で回数を多く飲むようにしよう

一気に何リットルものお水を飲むのは難しく感じると思います。特に、普段清涼飲料水などお水ではなく水分を取り入れていた人であればなおさらです。コップ1杯程度のお水を8~10回程度に分けて飲むようにしましょう。こまめに取り入れることで1回分の量も減るので、取り入れやすいと思いますよ。

 

飲む以外にもこんな効果が!

最近では、美容ブームでお水を飲む以外にも使い方があることをご存知でしたか?

〇お風呂

日本人はお風呂をシャワーで済ませるだけでなく、湯船に浸かる習慣がありますよね。実はこれは美容においてとても大事なことなのです。湯船に浸かるということは、身体を温める効果があるのはもちろん、汗をかき、体内の老廃物を排出する効果もあります。じっと湯船に浸かるだけでなく、アロマを焚いたり、お気に入りの音楽をかけたりなどすれば、身体をリラックスさせることもできますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。効果的にお水を取り入れて、いつまでも美を保ち若々しくいられる人になりたいですね。ただ、通常のミネラルウォーターは、すぐに健康被害が出るものではないものの、発癌性物質、硝酸態窒素が入っているものが多いので、注意が必要です。

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別