ドクターズコスメは肌にいいの?

世の中には数えきれないくらいのコスメが販売されていますよね。その中でも「ドクターズコスメ」という言葉を聞いたことはありますか?普通の化粧品となにが違うの?と思われた方もいると思います。今回は「ドクターズコスメ」についてのお話をしていきたいと思います。

 

そもそも「ドクターズコスメ」とは

ドクターズコスメとは、一般的に、医療関係や、皮膚の専門家、医師などが化粧品の開発に関わっている化粧品のことを言うことが多いです。しかし、ドクターズコスメはこれ!という定義はありません。また、化粧品会社が自由に使うことができる表現であるため、多くの化粧品会社で使用されています。ドクターズコスメは、名前を付ける上で、決まりがないものなので、本当に医師が開発に関わったのかも疑問が残ります。

 

メリットとは

ドクターズコスメと言っても、化粧水・美容液・クレンジング・シートマスクなど、その他にも様々な種類があります。皮膚科の医師の処方が必要なものから、ドラッグストアで気軽に購入できるものまで沢山あるようです。皮膚科の医師が、実際に患者さんの治療に基づいた経験から製品化したドクターズコスメは、より安心感も大きく、悩みに合った効果が期待できます。保湿力を高めて細胞を活性化したり、肌トラブルの症状を緩和させたり、エイジングケアなどの美容効果に関するものまで、実に様々な製品が存在します。

 

デメリットとは

美容に関する効果が期待できるドクターズコスメですが、全ての人に合うとは限りません。このことはどの化粧品でも同じですよね。ドクターズコスメとはいっても、すべての人にアレルギー反応が出ないというわけではありません。最先端の美容成分やオリジナルエキスを配合している場合があるので、特にお肌が弱い方は、パッチテストをしてから、使用した方が良いでしょう。

 

ドクターズコスメの選び方

ドクターズコスメは種類や効果によって自分の肌に合うもの、求める効果から選ぶことも大切ですが、「信頼できるのか」という点も重視していきたいと思います。

企業がお金を出して専門家や医師の名前を使わせてもらっていたりするので、「ドクターズコスメだから肌に良い」とは必ずしも言えません。

その上で選ぶ際には、クリニックの案内があるか、専門家・医師自身が開発しているかなどの点をチェックするといいでしょう。ドクターズコスメは定義がはっきりとしていないだけにややこしいですが、気を付けるポイントを把握していれば怪しい商品や効果のない商品を選んでしまう可能性は低くなります。

 

ドクターズコスメの種類

ドクターズコスメにも様々な種類があるので、自分に肌に合うものを探してみましょう。

〇シワ、たるみ改善

肌の血行促進効果、代謝を高める効果を持つEGF、FGF、フラーレンなどの成分を配合しています。シワやたるみの原因は、紫外線、加齢によってコラーゲンが減少してしまうことです。肌の血行を促進することでコラーゲンの生成を促し、内側からふっくらとした弾力のある肌に導きます。

〇美白系

美白、シミ取り系のドクターズコスメはハイドロキノンを配合している化粧品が有名です。ハイドロキノン肌の漂白剤とも言われていて、気になるシミやそばかすを改善していきます。

〇保湿系

肌の乾燥、敏感肌によりバリア機能が低下している方の肌を潤すプラセンタ、セラミド、ペプチドなどが配合されています。水分を与え、肌の内部に水分を蓄える働いで乾燥しがちな肌を潤しバリア機能を高めます。バリア機能を高めることで皮膚に外部からの刺激、異物が侵入するのを防ぎます。

まとめ

いかがでしょうか。選び方のコツをおさえてドクターズコスメを使い、きれいに磨きを掛けましょう!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別