ドクターズコスメは肌にいいの?

「ドクターズコスメ」という言葉を聞いたことはありますか?「ドクターズコスメ」って普通の化粧品となにが違うの?と思われた方もいると思います。「ドクター」ってついているくらいだし、お肌に優しいイメージを抱く方も多いと思います。でも、実際、「ドクターズコスメ」って何かご存知の方は少ないのではないでしょうか?
今回は「ドクターズコスメ」についてをご紹介していきます。

 

そもそも「ドクターズコスメ」とは

「ドクターズコスメ」とは、別名「メディカルコスメ」とも呼ばれています。
一般的に「ドクターズコスメ」とは、医療関係や、皮膚の専門家、医師などが診察や治療の際に得た知見を生かして、お悩みを解決できるように開発されたコスメを指します。
「薬用」と「医薬部外品」と記載があるドクターズコスメに関しては、医学的に根拠がある、美容成分が配合されており、お肌のお悩み解消の作用が期待できるといった特徴があります。
日本国内で開発されているものもあれば、アメリカや韓国などの海外で開発されたドクターズコスメも多くあるそうです。

 

一方で「ドクターズコスメはこれ!」という決まった定義がなく、
化粧品会社が自由に使うことができる表現であるため、多くの化粧品会社で使用されています。つまり、本当に医師など医学関係者が開発に関わったという保証がないといった側面も。

お肌トラブルを解消したくて、ドクターズコスメを探している方は、「どんな実績のある医師が監修しているのか」「どんな形で医師が関わっているのか」「虚偽の”ドクターズコスメ”ではないか」は必ずチェックしたいポイントとなってくると言えます。

 

 

ドクターズコスメのメリットとは

ドクターズコスメとひとことで言っても、化粧水・美容液・クレンジング・シートマスクなど、その他にも様々な種類があります。自分に合う化粧品はどれなのか、どのように使うのが効果的なのかなど、ドクターズコスメを使う上で迷うことはたくさんあると思います。では、ドクターズコスメを使うメリットとはどんなことが言えるのでしょうか?

ドクターズコスメの中には、皮膚科の医師の処方が必要なものから、ドラッグストアで気軽に購入できるものまで様々な種類があるようです。
なかでも、専門医が実際に患者さんの治療に基づいた経験から製品化したドクターズコスメは、より安心感も大きく、悩みに合った効果が期待できます。ドクターズコスメにはエステサロンなどに通いながら、皮膚の専門家が定期的に検査をして、変化していくお肌の状態に合わせながら個人的に自分に合ったスキンケアやコスメを提案してくれるタイプが多いのも魅力の一つといえます。肌本来の保水力を高めて細胞を活性化したり、肌トラブルの症状を緩和させたり、エイジングケアなどの美容効果に関するものまで、実に様々な製品が存在します。

 

ドクターズコスメのデメリットとは

逆にドクターズコスメを使う上で注意しなければならないデメリットは、どのようなものがあるのかについてもご紹介していきたいと思います。医学的な知識に基づいているため美容に関する効果が期待できるドクターズコスメですが、全ての人に合うとは限りません。このことはどの化粧品でも同じですよね。ドクターズコスメとはいっても、すべての人にアレルギー反応が出ないというわけではありません。最先端の美容成分やオリジナルエキスを配合している場合があるので、特にお肌が弱い方は、パッチテストをしてから、使用した方が良いでしょう。

 

 

ドクターズコスメの選び方

ドクターズコスメは種類や効果によって自分の肌に合うもの、求める効果から選ぶことも大切ですが、先ほどもお話したようにドクターが関与していないにも関わらず名前だけ挙げているというものが多いのも事実なので、「本当に信頼できるものなのかどうか」という点も重視していきたいと思います。

企業がお金を出して専門家や医師の名前を使わせてもらっていたりするので、「ドクターズコスメだから肌に良い」とは必ずしも言えません。

その上でドクターズコスメを選ぶ際には、

・実在するクリニックの案内があるか

・専門家・医師自身が開発しているか

・医師の実績はどうか

などの点をチェックするといいでしょう。

ドクターズコスメは定義がはっきりとしていないだけにややこしいですが、気を付けるポイントを把握していれば怪しい商品や効果のない商品を選んでしまう可能性は低くなります。

 

 

ドクターズコスメの効果的な使い方

ドクターズコスメの化粧品をより効果的に使用できる使い方のポイントをいくつかご紹介いたします。以下の使い方を参考にしてさらに魅力的なお肌を育めるように意識しましょう!

〇化粧品に記載の使用方法は必ず読む
世の中に出回っている多くの化粧品には、説明書きなどに使用方法や使用量などが細かく書かれてあります。この説明書きをスルーして、自分の使い方で使用してしまう方は多いとは思います。しかし、この説明書きは商品を開発する上で、メーカー側が化粧品の効果をより引き出してくれる使い方や使用量を記載しているものなのです。とくに、ドクターズコスメを使い始める際は、この使用方法は使用量を必ずチェックしてその目安に沿って使用しましょう!

 

ドクターズコスメの種類

ドクターズコスメにも様々な種類があるので、自分に肌に合うものを探してみましょう。

〇シワ、たるみ改善

肌の血行促進効果、代謝を高める効果を持つEGF、FGF、フラーレンなどの成分を配合しています。シワやたるみの原因は、紫外線、加齢によってコラーゲンが減少してしまうことです。肌の血行を促進することでコラーゲンの生成を促し、内側からふっくらとした弾力のある肌に導きます。

「EGFはもともと体内に存在するたんぱく質の一種で、唾液や母乳にも含まれており、体の皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂、集合を繰り返し新しい細胞を作るのを促進する働き、また傷ついた細胞の修復などを行う役割を持っています。つまり、肌や体が健康を維持していくのには不可欠な成分だと言えます。しかし、年齢と共にEGFの分泌量は減少していくのです。赤ちゃんの頃をピークに25歳前後から急激に減少していきます。それとともにヒアルロン酸やコラーゲンといったお肌を保つたんぱく質の生成能力も低下していきます。それがよく「代謝が落ちた」=細胞再生が遅くなり、肌老化を進めてしまうということで、 お肌で言うと「日焼けが戻りにくくなった」「シミが増えた」「シワやタルミが目立ってきた」若い肌を失ってしまった実感を持ってしまうのです。」

引用元「CELLBIC:https://www.cellbic.net/skincare_regimen/%EF%BD%85%EF%BD%87%EF%BD%86%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

〇美白系

美白、シミ取り系のドクターズコスメはハイドロキノンを配合している化粧品が有名です。ハイドロキノン肌の漂白剤とも言われていて、気になるシミやそばかすを改善していきます。

ハイドロキノンは、酸化したメラニン色素を還元することで、メラニンの色素を少しずつ薄くすることができます。」

引用元「+beaute:https://www.plus-beaute.com/hydroquinone/

〇保湿系

肌の乾燥、敏感肌によりバリア機能が低下している方の肌を潤すプラセンタ、セラミド、ペプチドなどが配合されています。水分を与え、肌の内部に水分を蓄える働いで乾燥しがちな肌を潤しバリア機能を高めます。バリア機能を高めることで皮膚に外部からの刺激、異物が侵入するのを防ぎます。

「セラミドは、スカスカだったあなたの肌の隙間(水分の逃げ道)をピタリと埋めてくれます。

このセラミドバリアにより、水分が蒸発しなくなるから保水力が上がるんですね。」

引用元「Beattiful tower:https://ultratower.net/seramido-kouka

 

化粧品か、医療部外品かで大きな差が

一般的な化粧品は効果・効能は、「医薬部外品の下」というかなり低いという位置づけにあります。つまり、サプリメントの位置づけを同じ様なものですから、効果・効能をうたうことはできないのです。よって化粧品に分類されるドクターズコスメに過度な効果・効能を求めることはできません。

方の医薬部外品は、ある程度の効果効能も期待でき、副作用等が弱くドラッグストアで購入することができます。歯磨きグッズでも医薬部外品に指定されているものもあります。化粧品の場合は、コスト面から大メーカー以外の化粧品メーカーが医薬部外品の化粧品(薬用化粧品)を販売していることはほとんどありません。

 

まとめ

いかがでしょうか。ドクターズコスメは必ずしも「美肌に効果がある」と断言できるわけではないというわけなのですね。しかし、選び方のコツをおさえて自分の肌に合ったドクターズコスメを使うことで、今よりももっと美しい理想的な肌に生まれ変わることができます。まずは、自分の通っている皮膚科の先生に相談するなど知識のある方にアドバイスをもらうことをおすすめします。

ぜひ今回の記事を参考に、自分に合ったドクターズコスメを使って、美しさに磨きをかけていきましょう!

 

【関連記事】

ナチュラルコスメの基準と問題点

ドクターズコスメが選ばれる理由

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別