敏感肌を治したい!原因と改善方法

敏感肌の皆さん、いつもお肌のお手入れやお化粧でお悩みではありませんか?実は敏感肌には改善する方法があるのです。本気で敏感肌を治したいというあなたに、どうして敏感肌になってしまうのかその原因と改善方法をご紹介いたします!

敏感肌は病気ではない

「敏感肌」という言葉、誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか?実はこの単語はスキンケア化粧品業界で生まれた単語であり、医学的な用語ではないのです。しかし、敏感肌でお悩みの方が多いのも事実です。敏感肌と一言にいっても色んな症状がありますが、どの症状も主に乾燥が原因で、お肌のバリア機能が低下ることによって引き起こされる症状のようです。何らかの原因で水分と皮脂が減少し、お肌が乾燥すると角層が不健康になってしまい、ちょっとした刺激にも反応してしまう「敏感肌」になるようです。

 

生まれつき肌が弱い

敏感肌は乾燥した状態が続き、皮膚の働きが低下したお肌です。小さいころから「アトピー性皮膚炎」に悩まされている、アレルギー体質の方は皮膚トラブルになることが多いです。そのため、化粧品やスキンケアでも肌荒れをおこしやすい「敏感肌」だといえます。このタイプの方は、乾燥してしまうと何もしていなくても肌荒れを起こす可能性が高く、日ごろのメイクやスキンケアでも悩むことが多いと思います。まずは、肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐためにバリアゾーンを整える必要があります。

 

後から敏感肌になった方

一方、敏感肌とは違う肌質だったのにいつの間にか敏感肌になってしまったという方もいます。間違ったスキンケアを行っていたり、バランスの悪い食生活を続けていたり、過度なストレスや睡眠不足が続いてしまうと敏感肌になってしまいます。この場合は、正しい生活習慣やスキンケアをこころがけることで改善できます。まずは正しいスキンケアですが、「固形せっけん」の洗顔料で洗うようにしましょう。これなら、乾燥の原因になる皮脂を落とし過ぎることもないのでお肌にやさしいです。また、洗顔後にすぐに化粧水をつけて手で温めるようにやさしくつけてあげましょう。

生活習慣についても、朝起きたら日光を浴びる。しっかりと朝食をとるように心がけましょう。また、適度に運動などでストレスを解消するのもおすすめです。日中の仮眠は15分程度に抑え、夜は少なくても5時間は睡眠を取るようにすることが大切です。毎日の食事も同じ時間帯にバランスの取れた食事を3食、必ずとるようにすると栄養バランスも整い、健康的な素肌を取り戻すことができます!

 

適切なケアを習慣づけよう

いかがでしたか?皆さんは敏感肌に合った正しいケアの方法を行っていたでしょうか?敏感肌だから高いものじゃないいけないというわけではなく、正しい生活習慣やケアの仕方が大きく関わっているようですので、自分のタイプに合わせて改めるところはどんどん改めて健康的な肌に近づけましょう!ただ、生まれつきでなかなか合う化粧品やスキンケア用品がないという方は、一度皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

敏感肌でも使えるエイジングケア美容液

肌に悪影響を及ぼす石油系界面活性剤・パラベン・合成香料・合成着色料・鉱物油不使用の無添加美容液「透輝の滴」。「アルファグリックス」というミネラルたっぷりの特別な海洋深層水がベースになっていて、肌の生まれ変わりをサポートしてくれる優れものなんです。敏感肌で悩んでいる方は、ぜひ一度お試ししてみては?

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別