敏感肌を治したい!原因と改善方法○

敏感肌の皆さん、いつもお肌のお手入れやお化粧でお悩みではありませんか?
実はそんな敏感肌を改善する方法があるのです。

本気で敏感肌を治したいというあなたに、どうして敏感肌になってしまうのかの原因と改善方法をご紹介いたします!

 

敏感肌は医学用語ではない

「敏感肌」という言葉、誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか?実はこの単語はスキンケア化粧品業界で生まれた単語であり、医学的な用語ではないのです。

実は、皮膚科学的な「敏感肌」の明確な定義はありません。

化粧品を塗った時、クレンジング料で洗顔した際に、ヒリヒリしたり刺激を感じる、お肌がつっぱるなど、特に炎症などの疾患は見られないものの外的刺激を受けやすく、不安定なお肌を化粧品業界などでは「敏感肌」と読んで定義しています。

敏感肌の多くは、健康的なお肌に比べてバリア機能が弱い状態で、皮脂や水分保有量が少なく乾燥しやすいという特徴があります。

体調の変化やストレスなどの内的環境や、花粉や冷暖房など季節的な要因、粉塵などの外的要因に敏感に反応してしまい、トラブルが生じやすいお肌です。また、敏感肌の方は、多くが乾燥肌でもあります。

 

生まれつき肌が弱い

敏感肌は乾燥した状態が続き、皮膚の働きが低下したお肌です。

小さいころからアトピーの気がある、花粉症やハウスダストなどに反応しやすいアレルギー体質の方は皮膚トラブルになることが多いです。そのため、化粧品やスキンケアでも肌荒れをおこしやすい「敏感肌」だといえます。

また、アトピー性皮膚炎や光線過敏症などの皮膚疾患があり、皮膚科での治療を必要とするお肌の状態でもある疾患肌という状態の方もいらっしゃるでしょう。疾患肌とは、アトピー性皮膚炎や光線過敏症などの皮膚疾患があり、皮膚科での治療を必要とするお肌の状態のことです。

このタイプの方は、乾燥してしまうと何もしていなくても肌荒れを起こしている状態で、日ごろのメイクやスキンケアでも悩むことが多いと思います。まずは、肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐためにバリアゾーンを整える必要があります。

アトピー性皮膚炎は治癒までに時間がかかるうえ、内的な要因などにもじっくり向き合う必要があるため、精神的に追いつめられる人も多いようです。アトピーを引き起こしている原因は、もちろん一人ひとり違うので、自分にとって最良の治療方法や向き合い方、自分に合った医師を見つけることが、早期に症状を改善させる秘訣です。

自分の身体が発するメッセージに耳を傾け、生活主観の見直す、皮膚を清潔に保ち自分にあったスキンケア法を知る、かかりつけの皮膚科医を見つけるなど日常的にお肌と向き合う姿勢が大切です。

 

後から敏感肌になった方

一方、敏感肌とは違う肌質だったのにいつの間にか敏感肌になってしまったという方もいます。間違ったスキンケアを行っていたり、バランスの悪い食生活を続けていたり、過度なストレスや睡眠不足が続いてしまうとお肌のバリア機能が低下し、敏感肌になってしまいます。

バリア機能が低下する外的要因としては、紫外線・化粧品などの外用剤・温度や湿度の変化・汗・ほこり・ダニ・金属・衣服などがあります。

この場合は、生活環境を整えたり正しいスキンケアを心がけることで改善できます。まずは正しいスキンケアですが、敏感肌向けに開発された低刺激性の化粧品を選びましょう。これらの化粧品では開発段階でお肌に刺激がないかが確認されており、さらに敏感肌の方が実際に使用する使用テストがおこなわれていることも多くあります。

バリア機能が低下する内的要因として、生活環境の変化に伴う精神的及び肉体的ストレス・睡眠不足・暴飲暴食や栄養の偏りなど食生活の乱れ・ホルモンバランスの変化・皮膚の乾燥・皮膚疾患などがあります。

朝起きたら日光を浴びたり、しっかりと朝食をとるように心がけましょう。また、適度に運動などでストレスを解消するのもおすすめです。日中の仮眠は15分程度に抑え、夜は少なくても5時間は睡眠を取るようにすることが大切です。

毎日の食事も同じ時間帯にバランスの取れた食事を3食、必ずとるようにすると栄養バランスも整い、健康的な素肌を取り戻すことができます!

 

適切なケアを習慣づけよう

敏感肌は皮膚を清潔に保ち、保湿をしっかり行い乾燥した状態をつくらないことが大切です。皮膚のバリア機能を正常に保つには、日々のスキンケアや食習慣などに気をくばる必要があります。
メイク用品から洗顔、基礎化粧品まで、刺激の少ないものや保湿力の高いものを選び、継続したスキンケアを心がけましょう。

①自分の肌にあったものを

肌の状態は個人差が激しく、千差万別です。サンプルやトライアルキットなどが入手できる場合は、本格的に使い始める前に自分の肌に合うかどうかをまず試してみると良いでしょう。
また、購入後しばらく経ってからでもお肌に異常を感じた場合は、一旦使用をやめてみるなど、その都度お肌の状態を具に観察する習慣をつけましょう。
②正しい使用法を守りましょう

どんな化粧品も正しく用いましょう。間違った知識や非公式な情報を鵜呑みにして使用すると、せっかくの効果が半減するどころか、お肌に悪影響を与えてしまうこともあります。使用する手順や分量はもちろん、含有成分の記載など説明書をよく読み、使用期限や保存方法を守り正しく使用することが大切です。
③皮脂の取りすぎに注意!

洗浄力の強いものの中には汚れや古い角質だけでなく、皮膚をコーティングし守っている皮脂まで取ってしまうものがあります。敏感肌の方は特に、おだやかな洗浄成分のものを選びましょう。
皮脂は天然の保湿効果やバリア機能を持っていますから、落とすのに強い洗浄成分が必要になるような落ちにくいメイクは避け、簡単に落とせるメイク、お肌への負担が少ないメイクを使用するなどを心がけましょう。
いかがでしたか?
皆さんは敏感肌に合った正しいケアの方法を行っていたでしょうか?

敏感肌だから高いものじゃないいけないというわけではなく、正しい生活習慣やケアの仕方が大きく関わっているようですので、自分のタイプに合わせて改めるところはどんどん改めて健康的な肌に近づけましょう!

ただ、生まれつきでなかなか合う化粧品やスキンケア用品がないという方や、症状の改善が見られない方は疾患肌である可能性もありますので、一度皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

敏感肌でも使えるエイジングケア美容液

肌に悪影響を及ぼす石油系界面活性剤・パラベン・合成香料・合成着色料・鉱物油不使用の無添加美容液「透輝の滴」。「アルファグリックス」というミネラルたっぷりの特別な海洋深層水がベースになっていて、肌の生まれ変わりをサポートしてくれる優れものなんです。敏感肌で悩んでいる方は、ぜひ一度お試ししてみては?

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別