グロースファクターの効果とは

最近の化粧品を見ていると、「グロースファクター」という言葉をよく見かけます。整肌因子なんて書かれてたりして、なんかよくわからなけど凄そう!と思いますよね。しかし、そもそも「グロースファクター」って何なのか気になりますよね。

今回はグロースファクターとは何なのか、効果はあるのかなどについてご紹介していきたいと思います。

 

グロースファクターとは

グロースファクターは誰でも持っている、体内で作られるタンパク質の一種です。主に肌のコンディションを整えてくれる働きがあります。グロースファクター(EGF)は一般的に「整肌因子」とも呼ばれています。分かりやすく言うと、人が本来持っている肌のコンディションを整えてくれるのがクローズファクター(EGF)と呼ばれる成分です。

例えば、年齢と共に肌はコンディションが低下してきます。一番輝いているのは赤ちゃんのときですが、目に見えていない中でもどんどんコンディションが低下していきます。しかし、体内のグロースファクターのお陰で10代の内はそれほど影響を受けることなく維持できています。ところが、このグロースファクターは。18~20歳で急激に減少していきます。なので、グロースファクターというのは若々しい印象や美しさを保つ上ではなくてはならない成分です。

 

肌への効果

体内で作られるグロースファクターは18歳がピークで、それ以降は減少してきてしまいます。そのため、肌の弾力、乾燥、ハリ、カサつきなどサインが出てきます。このような悩みを解決するために、ドクターリセラの「透輝の滴」があります。グロースファクタの一種であるEGFやFDFといった成分が配合されている美容液や化粧品を使うことで補うことができます。その結果、肌のコンディションを整え、ハリツヤ肌に導いてくれる集中美容液で、余計なものが入っていない100%美容成分で出来ているので、敏感肌さんにもおすすめです!肌の美しさがさらに高まりますよ。

 

透輝の滴について

グロースファクター配合のものとなっていて、透輝の滴はハリを生み出す他にも毛穴引き締め効果、シミ改善も期待できる商品となっています。8種類ものグロスファクターをバランスよく配合していて、透輝の滴の効果の秘密はなんと海洋深層水なのです。
その海洋深層水の名前はアルファグリックス(aGri-x)といわれています。アルファグリックスの成分は肌の表面に使用することで、肌の角質層以外にも皮膚内部の奥深くの毛細血管まで栄養を運び続け、代謝機能を助ける働きを担っています。またその成分にはトラブルを抱えた肌を助けて、ハリと弾力のある健やかな肌を保ちます。

また、深海の海水でできたアルファグリックスは水そのものの安全性が非常に高く、体に害を及ぼす可能性のあるものも除けています。そのことから敏感肌でも乾燥まだでも効果が期待できるのです。

 

グロースファクターを効率よく上手に摂取する方法は?

肌に良い効果を与えるグロースファクターですが、どのように摂取すればいいのでしょうか。


〇美容外科で注射
美容外科の注射でグロースファクターを摂取する場合は、直接肌に注入することで約3ヵ月~6ヵ月ほど経つと皮膚のコラーゲンが生成されます。人によって個人差はあるものの皮膚のシワやたるみなどが改善しやすくなっています。外から補ったコラーゲンを使用するのではなく、自分自身の体内でコラーゲンが生成されるようになります。
しかし価格がかなり高額で、一ヶ所所につき10万円~20万円必要になるため、お金の負担はかなり大きくなります。

 

〇化粧品から
グロースファクター入りの化粧品などを使用する際は、大体1ヵ月で8000円くらいかかります。注射と違い化粧品であれば、好きなところに複数塗ることができますが、注射の場合だと1ヶ所に注射するだけでかなりの金額がかかってしまいます。化粧品は家D芽生手軽に簡単に行えることから、化粧品として摂取するといいですね。

 

次ページ
グロスファクターの種類

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別