グロースファクターの効果とは

最近の化粧品を見ていると、「グロースファクター」という言葉をよく見かけます。整肌因子なんて書かれてたりして、なんかよくわからなけど凄そう!と思いますよね。でも、そもそも「グロースファクター」って何なのか気になりますよね。今回はグロースファクターとは何なのか、効果はあるのかなどについてご紹介していきたいと思います。

 

グロースファクターとは

グロースファクターは誰でも持っている、体内で作られるタンパク質の一種です。主に肌のコンディションを整えてくれる働きがあります。グロースファクター(EGF)は一般的に「整肌因子」とも呼ばれています。分かりやすく言うと、人が本来持っている肌のコンディションを整えてくれるのがクローズファクター(EGF)と呼ばれる成分です。

例えば、年齢と共に肌はコンディションが低下してきます。一番輝いているのは赤ちゃんのときですが、目に見えていない中でもどんどんコンディションが低下していきます。しかし、体内のグロースファクターのお陰で10代の内はそれほど影響を受けることなく維持できています。ところが、このグロースファクターは。18~20歳で急激に減少していきます。なので、グロースファクターというのは若々しい印象や美しさを保つ上ではなくてはならない成分です。

 

肌への効果

体内で作られるグロースファクターは18歳がピークで、それ以降は減少してきてしまいます。そのため、肌の弾力、乾燥、ハリ、カサつきなどサインが出てきます。このような悩みを解決するために、ドクターリセラの「透輝の滴」があります。EGFやFDFといった成分が配合されている美容液や化粧品を使うことで補うことができます。その結果、肌のコンディションを整え、ハリツヤ肌に導いてくれる集中美容液で、余計なものが入っていない100%美容成分で出来ているので、敏感肌さんにもおすすめです!肌の美しさがさらに高まりますよ。

 

一般的に使用されているグロースファクター

・EGF(ヒトオリゴペプチド-1 オリゴペプチド-24)

お肌を正常な状態へ整えることで、柔らかく透明感のあるお肌へと導きます。

 

・IGF(ヒトオリゴペプチド-21 オリゴペプチド-20)

EGFとともに、明るく健やかなお肌へと導きます。

 

・FGF(ヒトオリゴペプチド-13 アセチルデカペプチド-3)

お肌の水分・油分を補い保つことで、若々しい印象のお肌を保ちます。

 

・HGF(カプロオイルテトラペプチド-3)

お肌の水分・油分を保つことで、お肌にハリと弾力を与えます。

 

・TGF(オリゴペプチド-34)

年齢に応じたケアに優れ、潤いのある若々しい印象のお肌を保ちます。

 

まとめ

いかがでしょうか。グロースファクターがどのようなものか理解いただけたかと思います。ドクターズコスメとして人気のドクターリセラの商品の中でも、高い評価を得ているのがグロースファクターを含んだ美容液「透輝の滴」です。ハリのある健やかな肌へと目覚めさせる、まさに理想の美容液です。自分に合った方法で効果的に取り入れて、ハリのあるモチモチ肌を手に入れましょう!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別