キレイな腸を目指そう

みなさんは美と健康に「腸」が関係していることを知っていましたか?美容のためには、腸内環境を整えてあげることがとても大切なのです。若々しく美と健康を保つカギは、腸内環境にあるといっても過言ではありません!今回は、腸内環境について紹介していきたいと思います。

 

「腸」の働きとは

腸が美に大きく関係していることをご存知ですか?腸は単なる消化器官ではなく、「第二の脳」とも呼ばれるほど重要な臓器なのです。腸はさまざまな働きをしているのです。腸の主な働きは消化吸収と、病原菌から体を守る免疫機能です。人の腸には100種類以上・約100兆個の腸内細菌(腸内フローラ)があります。体の免疫機能の約60%は腸管に存在し、腸内細菌のバランスが良いほど腸管免疫力が発達・向上することが研究結果として発表されています。

 

「キレイな腸」とは

腸内フローラを知っていますか。フローラとはお花畑という意味です。ここで言うキレイな腸とは、腸内フローラの構成比率が、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7であることを言います。

善玉菌、悪玉菌といった言葉は広く知られていますね。善玉菌とは人の体に有用な働きを持つ菌のこと言い、ビタミンの合成、消化吸収の補助や感染防御、免疫を刺激したりします。悪玉菌は腸の内容物を腐らせたり、発がん性物質を生産したり、人に悪影響を及ぼす菌のことです。

善玉菌、悪玉菌の他に日和見菌がいます。日和見菌は健康なときには生体内で害になることはしないのですが、免疫が低下するなどの体に異常があるとき腸内で害になる働きをする菌のことを言います。

 

食べ物で腸内環境改善

なじみが深いのはヨーグルトなどの乳酸菌飲料です。外から取り込む生きた乳酸菌は腸につく前に死ぬことがありますが、特定保健用食品の表示があれば、便の中でも生きていることを国が調査済みなんです。また、日本の伝統食である漬物やみそにも豊富な乳酸菌が含まれています。海外の食品ならキムチやザワークラウトでもいいです。最近はうま味調味料を使った漬物も多いですが、乳酸菌は減るので注意です。自分で作る場合は、毎日しっかりと混ぜて、腐らないようにすることが大切です。

摂取した乳酸菌は便として排出されるので、お通じの調子が良くない人は適量のヨーグルトや漬物などを毎日食べる方が良いです。

 

死んだ乳酸菌でも効果的

最近では「腸まで生きて届く」を強調する食品が多いです。実は死んだ乳酸菌であっても、がんの抑制や感染症の防止など、免疫力を高める効果があると言います。なじみの深い製品では「カルピス」が殺菌された乳酸菌を含みます。

 

腸を整えるためのポイント

①十分な睡眠をとる

夜更かししがちな人は要注意です。なぜなら私たちがぐっすり寝ている夜の時間こそが、腸が活動する時間だからです。ですが、十分な睡眠がとれていなかったり、睡眠のリズムが不規則な場合は本来の力を発揮できません。腸内環境を改善したいなら、1日6~9時間はぐっすりと眠るようにしましょう。

 

②ウォーキングをする

ウォーキングは衰えた腸の動きを活性化する効果があります。ランニングよりも水泳よりも断然ウォーキングがおすすめです!

・歩くことで自律神経が整う

自立神経とは、体がリラックスした状態と、興奮した状態を切り替えるスイッチのようなものです。腸はリラックスした状態のときに活発に動きます。

・歩いている時の振動が腸に良い!

振動によって腸の中の便が少しずつ動いて、先に送り出される効果があります。

 

③毎朝のトイレタイムを大切に

あなたは毎日朝イチで便を出せているでしょうか?朝に便を出すためのコツは、朝起きたらすぐにコップ一杯の水を飲むこと、そして朝食を食べることです。朝のトイレタイムをうまく引き起こすことで、朝は一日で一番便を出しやすい時間になります。

 

まとめ

いかがでしょうか。美容や健康のためにも腸内環境を改善して「キレイな腸」を目指しましょう!

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別