肌にやさしいオーガニック日焼け止め

シミやくすみの原因にもつながる可能性が高い「紫外線」。
紫外線対策で一年中日焼け止めを利用する人も増えているのではないでしょうか?
今回はそんな方にもおすすめしたい、顔・全身に使えるオーガニック日焼け止めをご紹介いたします。


オーガニックがおすすめの理由

日焼け止めなどのコスメで”オーガニック”というのは、化学成分を使用せずに育てられた天然由来の素材で作られていることを指します。
一般的に市販されている日焼け止めの多くは「紫外線吸収剤」という化学成分が含まれており、肌の弱い人にとっては、肌荒れやかぶれの原因にもつながる可能性が高いと言われています。
一方で、オーガニック日焼け止めは化学成分ではない「紫外線錯乱剤」という金属由来の成分が使用されてお肌を日焼けから守ってくれます。
天然由来のため、お肌への負担も少なく、赤ちゃんでも敏感肌の方でも安心して利用できます。

 

オーガニック日焼け止めに含まれている「紫外線吸収剤」とは

 紫外線吸収剤とは、名前の通り紫外線を吸収することで肌への紫外線を減らす素材です。皮膚の表面で紫外線を吸収し、科学的にエネルギーに変えて放出します。

紫外線吸収剤は肌内部への紫外線の侵入を防いでくれます。肌の奥に届き、シミを引き起こす原因のUV-Aをブロックしてくれるのです!

また、防御力が高いのも特徴です。紫外線吸収剤はPA+++やSPF50などの高い紫外線を防ぐ役割があります。外でのスポーツやレジャーなど様々なシーンで大活躍間違いなしです。

 

効果は大丈夫?

オーガニック日焼け止めはお肌への刺激が少ないようにつくられているので、紫外線を防ぐSPF・PA値が低めになっているものが多いのも事実です。しっかり日焼けをブロックしたいという方は不安に思ってしまうかもしれません。しかし、SPF・PA値に関係なく、日焼け止めを塗ってから効果があるのは約1~2時間程度なんです。

さらに、この値が高いほどにお肌にかかる負担も大きくなります。そのため、普段使いならSPF20~30でPA++くらいのもので十分。どうしても焼けたくないという方は、1~2時間に1回は塗りなおすように心がければ全く問題ありません!!(日光の強い場所やレジャーに出かけるときはSPF・PA値の高いものをおすすめします。)

・SPF…シミ・そばかすの原因になる紫外線B波を防ぐ役割。

数値が高いほど、紫外線B波を防ぐ効果の強さを表します。

・PA…シワ・たるみの原因になる紫外線A波を防ぐ役割。

「+(プラス)」の数が多いほど、紫外線A波を防ぐ効果の強さを表します。

次ページ
オーガニック日焼け止めの正しい塗り方

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別