肌にやさしいオーガニック日焼け止め

日差しが強くなってきましたが、皆さんは何か対策していますか?この季節、気になってくるのが「日焼け」ですよね?過度な日焼けは肌に相当な負担をかけてしまいます。だからといって、肌が弱い人や美容に気を使っている人は日焼け止め選びもかなり難しいものです。今回はそんな方にもおすすめしたい、顔・全身に使えるオーガニック日焼け止めをご紹介いたします。


オーガニックがおすすめの理由

オーガニックというのは、化学肥料や化学合成された農薬を使わずに栽培する土地の自然の力を活かした「有機栽培」という農法で育てられた植物のことです。この有機栽培の植物は、お肌に刺激を与えやすい化学物質が含まれていないので、お肌に負担をかけず、お肌本来の力を引き出してくれる効果があります!日焼け止めは直接お肌につけるものですから、負担をかけず日差しから身を守ってくれるオーガニックの日焼け止めを使用したいものです。

また、市販の日焼け止めの多くはお肌への負担が強く、お顔には使用できないタイプのものも多いです。いくらコスパが良くともお顔が守れなければ、あまり意味がありませんよね?オーガニックならお肌にやさしいので、安心してお顔にも使用できるのが嬉しいポイントです。

 

効果は大丈夫?

オーガニック日焼け止めはお肌への刺激が少ないようにつくられているので、紫外線を防ぐSPF・PA値が低めになっているものが多いのも事実です。しっかり日焼けをブロックしたいという方は不安に思ってしまうかもしれません。しかし、SPF・PA値に関係なく、日焼け止めを塗ってから効果があるのは約1~2時間程度なんです。

さらに、この値が高いほどにお肌にかかる負担も大きくなります。そのため、普段使いならSPF20~30でPA++くらいのもので十分。どうしても焼けたくないという方は、1~2時間に1回は塗りなおすように心がければ全く問題ありません!!(日光の強い場所やレジャーに出かけるときはSPF・PA値の高いものをおすすめします。)

・SPF…シミ・そばかすの原因になる紫外線B波を防ぐ役割。

数値が高いほど、紫外線B波を防ぐ効果の強さを表します。

・PA…シワ・たるみの原因になる紫外線A波を防ぐ役割。

「+(プラス)」の数が多いほど、紫外線A波を防ぐ効果の強さを表します。

 

化学物質を使わずにブロックできるの?

一般的な日焼け止めは、「紫外線吸収剤(ケミカル成分)」という化学物質が含まれており、紫外線を吸収して、化学の力で体外に出すことでお肌を紫外線からお肌を守っています。しかし、オーガニック日焼け止めは「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」と呼ばれる金属由来の成分で、紫外線を反射させてお肌を守っているので、低刺激かつしっかりと日焼け止め効果があり、効果が長持ちします!ちなみに「無添加」や「ノンケミカル」の日焼け止めは、「紫外線吸収剤」を使用していませんが、有機栽培の野菜や植物を使用していないので「オーガニック」とは言えません。無添加ノンケミカルかつオーガニックの日焼け止めなら、有機栽培の植物を使用しない自然由来で、パラベンや鉱物油などの化学物質も使用していないので、自然派でもっともお肌にやさしい日焼け止めとなりますね。少しお値段は高くなると思いますが、超敏感肌の方にはおすすめです!

 

オーガニック日焼け止めを使ってみよう

いかがでしたか?オーガニック日焼け止めの魅力が少しでも伝わっていただけたなら幸いです。毎日のように使用するものなので、お肌に負担をかけずにしっかりと紫外線からお肌を守れる良いものを使ってみてはいかがでしょうか?様々なタイプのものがあるので、自分に合ったオーガニック日焼け止めをぜひ探してみてくださいね!

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別