お肌によくない石油系合成界面活性剤

「石油系合成界面活性剤は肌に悪い」というイメージを持っていませんか?

しかし、毎日の洗濯や食器洗い、シャンプーに化粧品と、私たちのとても身近なところに石油系合成界面活性剤は使われています。

今回は「石油系合成界面活性剤」についてお話していきたいと思います。

 

そもそも界面活性剤とは

「水」と「油」のように、2つの性質の異なる物質の境界面のことを「界面」と言い、この界面の働きを変え、馴染まないものを馴染ませる働きがあるものを「界面活性剤」と言います。

美容に気を使う女性であれば一度は耳にしたことがある言葉かと思います。

界面活性剤にはどんな効果があるのでしょうか。解説していきます。

界面活性剤は「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用が総合的に働き、衣類や食器などの汚れを落としてくれています。

浸透作用

ウールを水に浸しても、水が繊維の中に浸透せず、水を吸収しないことがあります。

これは、ウールが持つ「界面張力(水の分子同士が引き合う力)」が強く働いているためです。

この際に、水に界面活性剤を入れると界面張力が下がり、繊維の表面と水がなじみやすくなるため、繊維の中に水が簡単に浸みこむことを浸透作用といいます。

乳化作用

水に油を混ぜようとしても、混ざらず分離してしまいますが、界面活性剤を加えると、水と油が均一に混ざり合うことができます。これを乳化作用といいます。

天然の乳化物の代表が牛乳。牛乳は、含まれるたんぱく質が界面活性剤として働くことで、水と脂肪が混ざり合った状態を保っています。普段飲んでいる牛乳にも実は界面活性剤の力が働いていたのですね。

分散作用

ススや小麦粉などの粉体を水にいれても、混ざり合わずに表面に浮かんでしまいますが、

ここに界面活性剤を入れると、粉体の粒子は界面活性剤の分子に取り囲まれて、水中に分散します。

浮かずに、水の中で一定間隔を保ってなじむということですね。このように粉末を水に散らばらす作用を分散作用といいます。

こういった効果が界面活性剤にあります。では今回問題に上がっている「石油系界面活性剤」とはどんなものなのでしょうか。

 

石油系合成界面活性剤とは

先ほど紹介した界面活性剤の複数ある種類のうちの一つが石油系合成界面活性剤です。近年では毒性が懸念されています。

もともとは名前の通り、本来は石油から作られた活性剤でした。

しかし、最近では原料に植物性オイルが使われる場合が多いようです。ヤシなどから取れる油を還元剤と一緒に煮込めばヤシの木由来の”石油合成系”界面活性剤が出来てしまうのです。

石油系か否かという判定は、最終的にできた物質の構造から考えられるものであって原料はまったく関係がないのです。

つまり、材料が石油のものでも、ヤシの木のものでも、出来たものが石油合成系の構造であればそれは石油系合成界面活性剤なのです。ややこしいですが、購入する際には注意が必要です。

そんな石油系合成界面活性剤に懸念される毒性はどういったものなのでしょうか。

例を挙げてみましょう。

大口病院事件で遺体から検出された界面活性剤は、合成洗剤など身近な製品で病院で日常的に保管しているものも用いられていた。

中毒学の専門家内藤裕史筑波大名誉教授は

「界面活性剤には汚れを落とす作用に加え、細菌のタンパク質を腐食して殺す消毒作用もある。高濃度で血管に入るとタンパク質から成る血管や臓器に作用して中毒を起こし、死に至ることもある」

引用元「日本経済新聞電子版https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H5V_U6A920C1CC1000/

次の章からは石油系合成界面活性剤をつかうことでどんな影響があるのかを紹介していきます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別