お肌によくない石油系合成界面活性剤

「石油系合成界面活性剤は肌に悪い」というイメージを持っていませんか?

しかし、毎日の洗濯や食器洗い、シャンプーに化粧品と、私たちのとても身近なところに石油系合成界面活性剤は使われています。

今回は「石油系合成界面活性剤」についてお話していきたいと思います。

 

そもそも界面活性剤とは

「水」と「油」のように、2つの性質の異なる物質の境界面のことを「界面」と言い、この界面の働きを変え、馴染まないものを馴染ませる働きがあるものを「界面活性剤」と言います。

美容に気を使う女性であれば一度は耳にしたことがある言葉かと思います。

界面活性剤にはどのような効果があるのでしょうか。解説していきます。

界面活性剤は「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用が総合的に働き、衣類や食器などの汚れを落としてくれています。

浸透作用

ウールを水に浸しても、水が繊維の中に浸透せず、水を吸収しないことがあります。

これは、ウールが持つ「界面張力(水の分子同士が引き合う力)」が強く働いているためです。

この際に、水に界面活性剤を入れると界面張力が下がり、繊維の表面と水がなじみやすくなるため、繊維の中に水が簡単に浸みこむことを浸透作用といいます。

乳化作用

水に油を混ぜようとしても、混ざらず分離してしまいますが、界面活性剤を加えると、水と油が均一に混ざり合うことができます。これを乳化作用といいます。

天然の乳化物の代表が牛乳。牛乳は、含まれるたんぱく質が界面活性剤として働くことで、水と脂肪が混ざり合った状態を保っています。普段飲んでいる牛乳にも実は界面活性剤の力が働いていたのですね。

分散作用

ススや小麦粉などの粉体を水にいれても、混ざり合わずに表面に浮かんでしまいますが、

ここに界面活性剤を入れると、粉体の粒子は界面活性剤の分子に取り囲まれて、水中に分散します。

浮かずに、水の中で一定間隔を保ってなじむということですね。このように粉末を水に散らばらす作用を分散作用といいます。

こういった効果が界面活性剤にあります。では今回問題に上がっている「石油系界面活性剤」とはどんなものなのでしょうか。

 

石油系合成界面活性剤とは

先ほど紹介した界面活性剤の複数ある種類のうちの一つが石油系合成界面活性剤です。近年では毒性が懸念されています。

もともとは名前の通り、本来は石油から作られた活性剤でした。

しかし、最近では原料に植物性オイルが使われる場合が多いようです。ヤシなどから取れる油を還元剤と一緒に煮込めばヤシの木由来の”石油合成系”界面活性剤が出来てしまうのです。

石油系か否かという判定は、最終的にできた物質の構造から考えられるものであって原料はまったく関係がないのです。

つまり、材料が石油のものでも、ヤシの木のものでも、出来たものが石油合成系の構造であればそれは石油系合成界面活性剤なのです。ややこしいですが、購入する際には注意が必要です。

そんな石油系合成界面活性剤に懸念される毒性はどういったものなのでしょうか。

例を挙げてみましょう。

大口病院事件で遺体から検出された界面活性剤は、合成洗剤など身近な製品で病院で日常的に保管しているものも用いられていた。

中毒学の専門家内藤裕史筑波大名誉教授は

「界面活性剤には汚れを落とす作用に加え、細菌のタンパク質を腐食して殺す消毒作用もある。高濃度で血管に入るとタンパク質から成る血管や臓器に作用して中毒を起こし、死に至ることもある」

引用元「日本経済新聞電子版

次の章からは石油系合成界面活性剤をつかうことでどんな影響があるのかを紹介していきます。

 

お肌によくない石油系合成界面活性剤

肌への影響は?

 

石油系合成界面活性剤は肌が本来持っているはずのバリア機能を取ってしまいます。日本では1950年以降に、化粧品を安く作るために材料の一つとして使われるようになりました。

当初は界面活性剤と呼び石けんと区別していましたが、のちに合成界面活性剤と呼ばれるようになり、

現在は石油だけでなく、アミノ酸、タンパク質、油脂、糖質、コラーゲンなどさまざまな天然成分からも合成されています。

洗濯、台所洗剤では洗浄剤と呼ばれる合成界面活性剤は、化粧品では乳化剤、洗浄剤、保湿剤などと名前が変わります。皮膚表層の脂質を流失させ、タンパク質を交性してバリア機能を壊す成分です。

食器を洗った後などに、手がカサカサしたり、ツッパるように感じることはありませんか?それは界面活性剤の影響です。

食器の油分を落とすための強すぎる成分が肌に残ることで肌の皮脂も流れ落ち乾燥肌になり、つっぱっているような感覚が生じることがあります。これが、シミ・シワの原因になってしまいます。

使用するときには、5分以上つけたままにしない・肌に残らないように落としきる・その後の保湿をしっかりとするなど注意して使うことが重要です。

また、1種類の配合でも、濃度が高ければ肌への影響も大きいと言えます。

次は、普段私たちが生活の中で、気がつかずに使っているかもしれない石油系合成界面活性剤についてシャンプーを例に挙げて紹介していきます。

 

シャンプーに使われる界面活性剤

 

薬局やスーパーなどで販売されているシャンプー。テレビやCMでも見ることは多く、身近ということもあり多くの方がこの手のシャンプーを使っているのではないでしょうか。

それらのシャンプーは、炭素原子数6以上の高級アルコール系の界面活性剤料を使い、より多くの人の汚れを落とすように設計されているので、どうしても刺激が強いものになってしまいます。

洗浄力が高く泡立ちもいいですが、頭皮の刺激が強いのでなるべく避けたい成分ですね。

これにより以下のような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・シャンプー後、炎症を起こし荒れてしまう

・足りなくなった皮脂を補うため過剰に皮脂が分泌される

・過剰に分泌された皮脂により頭皮の臭いが強くなってしまう

・必要な皮脂まで落としてしまい頭皮が乾燥する

こうした悩みの原因の一つに、石油系合成界面活性剤を使用しているシャンプーが挙げられているのは間違いではないでしょう。

上記のような要因が重なることで20代でも薄毛を抱えている方もいるそうです。

では、どんなシャンプーに石油系合成界面活性剤が使われているのでしょうか

石油合成系界面活性剤の見分け方

シャンプー購入の際に、ぜひ裏面ラベルを見てみてください。次のような表記が見つかればそれは石油系合成界面活性剤を使用しています。

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウリル硫酸アンモニウム

・ラウレス硫酸アンモニウム

・ラウリルスルホン酸ナトリウム

・キシレンスルホン酸ナトリウム

・スルホン酸ナトリウム

・パレス-3硫酸ナトリウム

・パレス-3硫酸アンモニウム

「スルホン酸」「~硫酸」「Na(水酸化ナトリウム)」「アンモニウム」などの名称があった場合は、石油系合成界面活性剤と言われています。

石油系合成界面活性剤は、安価で大量生産に向いているというメリットがある一方で、洗浄力が強いため、洗いすぎてしまうというデメリットもあります。

 

無添加の化粧品

最近では界面活性剤が不使用の無添加化粧品などが好まれています。この流れは、同じ肌に付けるということで色々な商品でも同じ流れになってきています。

また、ニキビ肌に悩んでいるのであれば、基本的に界面活性剤は避けるべきなのは間違いありません。

いくらニキビを治す成分が配合されていても、石油系合成界面活性剤が含まれていると、肌が弱まりニキビのできる数が全く減りません。

肌に直接塗ったりするものは、合成系や石油系が無添加のものがおすすめです。

 

界面活性剤は悪いものなの?

ここまで聞いてみて、界面活性剤について悪いイメージを持った方もいると思います。

「界面活性剤は肌を壊す成分が入った悪いものだから、金輪際私は無添加の石鹸しか使わない!」なんて思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、洗浄をするという点においては界面活性剤は全く悪いものではありません。

石油系のものは、その洗浄力の強さから肌に負担をかける成分を多く含んでいるため、避けたほうがいいですが、

界面活性剤は汚れを落とすこと以外にも様々な材料を混ぜ合わせ、なじませるという効果もあるため、様々な化粧品に利用されている側面もあります。

様々な材料を混ぜて作る化粧品において、界面活性剤は必要不可欠な存在だったのです。

また、アイスクリームなどを作る際に水と油を混ぜ合わせるために、食用の界面活性剤が用いられることすらあります。

界面活性剤に対して過剰に反応する必要はほとんどないということです。上手に付き合っていくことが大事です。

 

まとめ

石油合成系界面活性剤についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

界面活性剤は利用の仕方、目的よっては一概に悪いものではないということがお分かりいただけましたでしょうか。

石油系も植物系も原料ではなくできた物質の要素で判断されるため、「スルホン酸」「~硫酸」「Na(水酸化ナトリウム)」「アンモニウム」など出来上がった物質名で確認するのが最も良い判断基準と考えられます。

「植物由来の~」や「ボタニカル製法の~」などと謳ったシャンプーを発見したら一度疑って原材料欄をみてみましょう。

 

 

《関連記事》

無添加って何だろう?何がいいの?

え、日本酒が!?実は美容効果のある日本酒

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別