お肌によくない石油系合成界面活性剤

「石油系界面活性剤は肌に悪い」というイメージを持っていませんか?しかし、毎日の洗濯や食器洗い、シャンプーに化粧品と、私たちのとても身近なところに石油系界面活性剤は使われています。今回は「石油系界面活性剤」についてお話していきたいと思います。

 

石油合成系界面活性剤とは

界面活性剤は水と油を混ぜるという素晴らしい成分を持った成分ですが、石油から合成されたものはその毒性が懸念されています。

アジの水槽に台所洗剤(石油系合成界面活性剤が最も入っているもの)と、液体石けんをそれぞれ加える実験によりますと、台所洗剤のアジは2分後には水槽から飛び出ようと苦しみもがき、わずか3分で死んでしまいました。死因はえらの細胞が破壊されたことによる酸欠死です。体の表面から合成界面活性剤が浸透したことが分かります。一方、液体石けんのアジは元気でした。

 

肌への影響は?

石油系合成界面活性剤は肌のバリア機能を取ってしまいます。1950年以上、化粧品を安く作るために使われるようになった成分です。当初は界面活性剤と呼び石けんと区別していましたが、のちに合成界面活性剤と呼ばれるようになり、現在では石油だけでなく、アミノ酸、タンパク質、油脂、糖質、コラーゲンなどさまざまな天然成分からも合成されています。

洗濯、台所洗剤では洗浄剤と呼ばれる合成界面活性剤は、化粧品では乳化剤、洗浄剤、保湿剤などと名前が変わります。皮膚表層の脂質を流失させ、タンパク質を交性してバリア機能を壊す成分です。

界面活性剤を使っていると皮膚分泌が少なくなって乾燥肌になり、シミ・シワの原因になってしまいます。1種類の配合でも、濃度が高ければ肌への影響も大きいと言えます。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別