アレルギー対策「グルテンフリー」

皆さんは普段、どのような主食を取っているでしょうか?

 

パンや麺類などを主食に食べることもあるという方も多いかと思いますが、パンや麺類の元となる小麦には「グルテン」と呼ばれるたんぱく質が含まれています。

 

今回はそんな「グルテン」を食べない「グルテンフリー」にすることで体にはどのような影響があるのか、また簡単なはじめ方について、ご紹介いたします。

「グルテンフリー」とは?

グルテンフリー

「グルテン」とは小麦などに含まれるたんぱく質である「小麦たんぱく」のことをいいます。

この「小麦たんぱく」はパンや麺類のもっちりとしたコシの元でもあるのです。つまり、この「グルテンフリー」とは小麦たんぱくを食べないことをいいます。

 

「グルテンフリー」と聞くと、主食として利用されることの多い「小麦」を取らないようにするために、ダイエットの一種だと思われることも多いのですが、本来は「セリアック病」と呼ばれるグルテンを受け付けない体質である、「小麦アレルギー」のような疾患の治療策の一つです。

 

そのため、主食を削る「糖質ダイエット」や「炭水化物ダイエット」とは根本的に違うものになります。

 

グルテンフリーをこれから始めようとしている人は、自分がセリアック病ではないのかを医療機関による検査で知っておくことが良いでしょう。

 

日本でもブームになりつつある

元々は食事療法を世界のセレブ達が美と健康のために取り入れたことが話題になって、ブームに火がついた、というわけです。

 

テニスプレイヤーのジョコビッチ選手はテニスプレイヤーとして、伸び悩んでいた時期にグルテンフリーを実践したところ、パフォーマンスが劇的に向上。3つのグランドスラム大会を制し、世界ランキング1位を獲得、テニス界の絶対王者といわれるまでに強くなりました。

 

そんな有名人の成功体験も相まってか、現在アメリカでは、たくさんの方がグルテンフリーの食事を心がけているといわれています。スーパーには専用のコーナーがあり、食品だけでなく化粧品やサプリメントにいたるまで、あらゆるグルテンフリー製品がそろっています。

 

パッケージやプライスカードにも表示がされているので、選ぶのも簡単なのだそう。日本ではまだそこまで浸透していませんが、グルテンフリーを意識した食生活をはじめる人は、少しずつ増えているようです。

グルテンフリーのメリット

先程もお伝えしたように、グルテンフリーは、パンなどに含まれるタンパク質である「グルテン」によって、体調不調を起こすアレルギー、セリアック病に対する治療策の一つとしてあげられているものです。

 

そのため、グルテンフリーを健康な方が始めることによる科学的根拠に裏付けられたメリットは現在ありません。

 

そのため健康な方は無理にグルテンフリーの食生活に取り組む必要は無いでしょう。

 

それを踏まえ、グルテンフリーにはどんな効果があるのでしょうか?

体質的に、グルテンを受け付けない人がグルテンを抜いた食生活を心がけると、次のような効果が現れます。

 

セリアック病に悩まされている方の症状である腹痛と慢性の下痢、特に、繰り返し継続して起きる下痢症状が改善されます。

 

爪にお腹がゴロゴロしていて辛い、そんな症状が改善されます。

 

また、重症化してしまうと、腸から必要な栄養が脳にまで到達しなくなるため、頭痛や、全身倦怠感や貧血が生じます。グルテンフリーの食事を心がけることによって、こういった症状の改善することができます。

 

また、先程セリアック病患者以外の人はグルテンフリーの食生活をすることに科学的根拠に裏付けられたメリットがないと記載しました。

 

しかし、近年の研究では、根拠は無いものの、グルテンフリーが発達障害による眠気や集中力散漫の改善に効果があるという検証結果もあらわれています。

 

そのため、そういった症状を抱えていて、困っている方は一度試して見てはいかがでしょうか?

 

しかし、グルテンフリーの食生活を心がけていても腸の調子がよくならない方がいらっしゃると思います。

 

そういった方は、牛乳などの乳製品に含まれるタンパク質「カゼイン」が原因であるかもしれません。

 

ガゼインは非常に粘着性の強い、接着剤にも使われているタンパク質で、粘着力が高い「カゼインタンパク質」が腸に入ると、「炎症」が起き、腸内細菌を荒らします。

 

この結果、腸から脳へと伝わる栄養が滞る、または余計な物質が脳へと伝わり、集中できないなどの脳機能や、うつ・統合失調症などの精神疾患を引き起こします。

 

アメリカなどでは、腸内環境改善のために、グルテンフリーと、カゼインフリーが同時に行われているなど、理解が広がっているため、腸内環境に問題がある方は、試して見てはいかがでしょうか?

 

グルテンフリーと、カゼインフリーを同時に行えば、小麦粉をつかったもの(パン、ラーメン、ピザなど)や、乳製品(牛乳、チーズ、バターなど)が食べられなくなるため、食べるものがなくなってしまう!と思いがちですが、米や豆、肉や魚で代用しましょう。

 次のページ
グルテンフリーはどうやって始めたらいいの?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別