必見!女性におすすめの資格

働き方を見直そうと思ったことのある方は少なくありません。そう考える人は、独身、シングルマザー、新婚の方、小さい子を持つ主婦などいろんな立場の方がいます。キャリアアップのため、社会復帰のために資格を必要と考えるようです。あると有利な資格、女性に人気の資格をご紹介します。

 

 

社会復帰をするために

昔は女性であれば20代のうちに結婚をしその後寿退社、さらにその後専業主婦に専念するという方が多い時代でもありました。しかし最近では共働きの家庭が当たり前になってきて、こうした時代の流れから「手に職をつける」ということが女性たちから注目されています。専門的なスキルを習得しておくと収入も上がり、失業などのリスクを減らすことができるので、一石二鳥なのです。

スキルさえあれば転職の際にも、どういった能力・資格を持っているかがわかりやすくなっています。もしも転職を考えた場合にでもどんな雇用状態にあっても、希望する企業への就職が叶いやすく、即戦力として扱われやすくなります。さらに技術を磨き込み、自分が希望さえすれば役職が上の立場にもなるという強みもあります。

 

 

社会復帰をするために

結婚・出産を機に一度フルタイムワークから離れると、社会復帰が難しくなることがあります。保育園の空きがなく預けられなかったり、年齢やブランクがあることによって就職先が見つかりづらかったりする可能性があるからです。

また企業側は実務経験のある人を募集しているケースが多く、家庭を持つ女性や時間に余裕が欲しい方は新しく仕事をするなら事務職を希望することが多いため、需要と供給が合わないことがあるのです。 
新卒や中途採用の20代の人、経験のある人と比べると30代以降の方は実務経験なしでの就職は難しくなります。そこで、採用に有利になるように「私この仕事出来ます」を企業側に伝えるために資格を取得すると、他の求職者に対しても有利になります。

 

 

女性から人気を集める資格とは?

今現在数多くの仕事がありますが、そもそも女性から人気を集めている資格とはいったい何なのでしょうか。

第1位:医療事務

第2位:保育士

第3位:ネイリスト

第4位:カラーコーディネート

第5位:美容師

これらが女性に人気の資格となっています。

 

資格はどんなものがあるのか? 

〇医療事務
病院やクリニックでの事務や経理が主なお仕事になります。一般的な事務と違う点は、医療の専門知識が必要となるところです。受付業務のほかに外来クラーク、会計業務、入退院受付業務、請求事務業務等があります。専門学校に通わず、通信講座でも取得することができます。独学で勉強することも可能ですが、専門性が高いため自力で取ることは難しくなっています。専門学校で資格を取得する場合は約2年、通信講座であれば4~6ヵ月ほどかかります。

医療事務の仕事としては患者さんの対応(受付など)など数多くの仕事がありますが、その中でもレセプト業務がメインとなります。レセプト業務はかなりの量の請求書を締め切りまでに仕上げないといけないことから、スピード対応と正確に仕事ができる人が向いているかと思います。

〇司法書士
個人や企業から依頼をもらい、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する仕事です。業務範囲が広く、制限はありますが簡易裁判所で民事事件の代理業務も可能です。仕事をするには国家資格が必要になります。司法試験に次いで難しいと言われているので、取得は難しいものになります。
司法書士の資格取得をとるまでに約3000時間もの勉強時間が必要なんだとか。
仕事柄責任感や仕事の正確性が求められるので、書類を正確に取り扱うことができる人が向いています。また、依頼された仕事を最後までやり遂げるという責任感も重要になってきます。

 

 〇宅地建物取引主任者
「宅建」と呼ばれる資格です。不動産屋や住宅メーカーに勤める方、行政書士の方が多く持っている資格です。不動産の契約をするときに物件の取引条件、登記など、不動産に関係する重要な項目の説明をします。こちらも通信講座で取得できる資格です。学歴に関係なく試験を受けることができます。人それぞれですが、大体3ヵ月半から長くても半年の間に資格を取得する人が多くなっています。
不動産が好きな人、人と人との交渉が好きな人が向いているかと思います。また、不動産関係は値引き要求や引き渡しなどクレームがあるため、そういったときでも冷静に対応できる力があるといいですね。


 〇栄養士
食事や栄養指導、給食の献立を作成したりします。仕事場所は、官公庁、保健所、病院、学校、工場、福祉施設などがあるため、勤務場所に困りません。
 栄養士は大学や専門学校に通い取る資格になっています。国家資格で、資格取得までにお金と時間が多くかかると考えてた方がいいでしょう。栄養士資格の取得期間は最短で2年程、さらには管理栄養士であれば最短で4年程かかります。
ただ単純に料理が好きな人、健康に興味がある人が向いているかと思います。栄養士はカロリー計算や栄養のアドバイスを求められるので健康に興味がある方も向いているかもしれませんね。

 

社会復帰を目指すなら・・・? 

今は働き方も多様性があり、子供が小さく徐々に社会復帰を目指したい女性も在宅から始める、時間短縮勤務から始まるといった働き方を選ぶことができます。
そんな女性におすすめな働き方、資格をご紹介します。

 〇ライター
記事執筆をするお仕事です。自分の書いた記事が雑誌や書籍に掲載されるってすごいですよね。ライターには「取材ライター」、「コピーライター」、「専門ライター」など種類が豊富にあります。クラウドサービスに登録すれば、初心者からでもOKという募集も多くあるのが特徴の一つです。

 ライターには特別な資格は必要ありません。「WEBライティング実務士」という資格を取ると仕事の発注される確率や、一つの仕事の単価が高くなることがあります。在宅でできる仕事なので、小さいお子さんがいる方、専業主婦の方にお勧めです。

主に文章の読み書きが好き、読者の求めるものに当てはまった文章を書くことはライターとして最低限必要なことになります。

 

〇事務職
時短勤務を始めやすい事務職で社会復帰を目指すなら、基本的なPCスキルはあったほうがスムーズに仕事を進められます。
マイクロソフト オフィススペシャリスト」「パワーポイント」「エクセル」はとっておくと武器となります。また、経理の基礎の定番として「簿記3級」「ファイナンシャルプランナー」もあれば、キャリア形成に役立つ資格と言えます。

 

〇アロマテラピスト 
エステサロンやアロマテラピーショップでテラピストとして施術します。他には、販売員として関連商品を説明して販売することも行います。国家資格ではありませんが、民間資格の「アロマテラピー検定」や「アロマテラピーアドバイザー検定」というものなどがあります。通信講座でも取得できますよ。資格名にもよりますが、短くて1ヵ月から、長くて1年くらいかかります。
アロマテラピーはリラクゼーションの一種ということから、お客様の相談を聞き香りの好みを把握したうえでよりいいものを選択する必要があります。それだけ相手を思いやる気持ち、繊細な感覚がある人でなければ厳しいかもしれません。
また、香りの種類もかなり多いためそれぞれの効果や調合した場合の相性など求められる知識は多いです。


 〇エステティシャン
エステティシャンは、知識量や実務経験が給与に関係すると言われており、人をキレイにして幸せに出来るお仕事です。エステティシャンは、公的な資格は現状ないですが、エステティシャンになりたい女性を支援するために民間団体が認定している資格があります。最短で3ヵ月ほど、長くて1~2年ほど資格取得に時間がかかる人も…
癒しを求めている方も多いため、技術力の他にお客様をリラックスさせることがポイントとなってきます。人のために尽くせる人や美に関する知識や関心が高い人に特に向いていますね。

 

 

自分の目指す働き方を

いかがでしたか?一度仕事から離れた方、今の仕事ではない違う仕事に意欲を持っている方にも参考になると幸いです。スキルアップしたいと思うのは人それぞれ違うかと思います。家庭だけでなく社会にも出たい方、手に職をつけることで様々な仕事ができるようになります。ぜひ自分が輝けるスキルを身に付けてくださいね。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別