ソイプロテインの効果とは

大豆は「畑の肉」と呼ばれているほど、健康に役立つさまざまな効果が期待できます。ダイエットやコレステロールの低下など・・・。今回は大豆たんぱく質の優れた効果を紹介していきたいと思います。

 

大豆の栄養素

まず、大豆にはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。「畑の肉」と呼ばれるだけあって、たんぱく質は肉類とほぼ同じです。脂質量は少なく、肉類には含まれていない食物繊維が豊富です。カルシウムも牛乳と同量含まれます。鉄分も含まれます。ただし、大豆の鉄分は吸収効率が下がる非ヘム鉄なので、ビタミンCと一緒に食べることを意識しましょう。大豆には健康の維持に役立つ栄養成分がたくさん含まれているのです。今回はその中でも、大豆たんぱくについて解説していきます。

 

大豆たんぱくとは

「大豆たんぱく=優れたアミノ酸」が豊富に含まれています。たんぱく質は筋肉や内臓、髪などを構成する大事な物質で、人体にとってかかせない三大栄養素の一つです。ちなみに「アミノ酸」とは、たんぱく質が消化の過程で分解され、これ以上にバラバラにできないほど分解されたものです。

 

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違い

最大の違いはアミノ酸のバランスにあります。動物性たんぱく質は多くのものが9種類のアミノ酸を含んでいますが、一部の植物性たんぱく質は不足しているものがあります。アミノ酸全体の働きは不足している必須アミノ酸のレベルに合わせて制限されてしまうので、たんぱく質を摂っているつもりでも足りていなかった、となってしまうことがあります。また、体内の吸収率も動物性たんぱく質97%に対して、植物性たんぱく質は84%となっています。

 

大豆たんぱく質の効果

〇コレステロールを下げる

大豆たんぱく質にはコレステロールが含まれていないだけでなく、コレステロールを正常値に近づける効果があるんです。それはいろいろな研究で報告されており、特定保健用食品と認められた商品もあります。食事から摂った余分なコレステロールを、大豆たんぱく質が身体の外に排出してくれるなんて驚きですよね。

 

〇ダイエット

大豆たんぱく質の主成分の1つである「β―コングリシニン」には、中性脂肪や内臓脂肪の低減効果があります。大豆たんぱく質は動物性たんぱく質よりも消化が遅いため、満腹感が長時間持続し、ダイエットを続けやすいと言われています。

 

大豆たんぱく質の摂取

最近では筋トレ男子・女子が増えてきています。筋トレの前にプロテインを摂取していますか?それとも、後ですか?筋トレ後、ゴールデンタイムと呼ばれる30分以内に、できるだけ吸収が速い動物性プロテインを摂取するのがおすすめですよ!この時に、一緒に「炭水化物」も摂取すると筋肉の成長に良いそうです。

 

ダイエット目的でプロテインを摂取しよう考えている人には、「ソイプロテイン(大豆たんぱく質)」をおすすめします!大豆たんぱく質は腹持ちが良く、内臓脂肪を減らす効果があります。さらに大豆のイソフラボン効果で美肌も期待できます。しかし、プロテインを一度に大量に摂取するのは難しいですよね・・・。

 

たんぱく質を1回に摂取できる量は「体重×0.7」だと言われています。それ以上は体内に取り込んでも、吸収されずに体外に排出されてしまいます。これらのたんぱく質が含まれている製品を、筋肉トレーニング後30分以内に摂取することにより、吸収率がUPして更なる筋力アップが狙えます。

 

こんな方におすすめ

満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康を維持したい方にもおすすめです。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌のハリを保つ効果や、女性らしいラインをキープしたい方にもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしょうか。大豆を上手に活用して、美容と健康を手にいれましょう!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別