病気の危険!コレステロールに気をつけよう

コレステロール値によって起こる病気があることはご存知でしょうか?コレステロールには「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の2種類があり、このバランスが乱れることでいくつかの病気を引き起こす原因になるといわれています。今回はコレステロールに関わる病気にはどのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

 


悪玉コレステロールは体に悪いの?

 

まず、コレステロールと体の関係についてご紹介いたします。「善玉」と「悪玉」という名称から「悪玉」は体に悪いものと解釈してしまい、悪玉コレステロール値ばかりを意識してしまう方も多いようです。しかし、実際は悪玉コレステロールもわたしたちの体を助けてくれる役割があります。悪玉コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁の生成に必要な材料の一つで健康的な体を保つ上で必要不可欠な存在なのです。もし不足してしまうと、細胞や血管がもろくなり、風邪が引きやすい体になったり、スタミナ不足になったりするなど健康を害す可能性もあるようです。つまり、悪玉コレステロールも善玉コレステロールもバランスが重要で、増えすぎても減りすぎても体に悪影響を及ぼすということですね。

 

脂質異常症

 

コレステロールのバランスが崩れることで起こる病気の代表です。生活習慣病の一種ともされており、血液中の悪玉コレステロールが多い、または善玉コレステロールが少ない状態で中性脂肪が多い場合に診断される病気です。この病気は悪玉コレステロールが基準値よりも多いと肝臓で処理しきれなくなり、それが血管の壁に蓄積し、血管を固くしてしまいます。自覚症状がないため、気づかないうちに動脈硬化を引き起こしてしまう危険性があります。

 

動脈硬化

脂質異常症を放っておくと引き起こしやすい病気です。動脈硬化を放っておくと心臓や脳に致命的な疾患を引き起こす可能性があります。脂質異常症と同じく、自覚症状がないため、知らず知らずのうちに病気が進んでしまっていることもあります。早い段階で発見することができれば、生活習慣の見直し・改善で回復につなげることができます。

 

心筋梗塞・狭心症などの心疾患

 

心疾患は日本人の死因の第2位と言われています。脂質異常や動脈硬化を患った血管は細くもろくなり、心疾患を起こしやすい状況となります。悪玉コレステロールが増えすぎないようコントロールすることで、これらの疾患を回避することができます。

 

脳梗塞・脳卒中などの脳疾患

 

心疾患と並び、この脳疾患も日本人の死因の上位を占めています。発症すると身体のマヒが残ってしまったり、ろれつが回らなくなったりと後遺症が残る場合もあるとても重い疾患です。悪玉コレステロールが体内で多すぎる状態が長く続くとこれらの疾患を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

 

胆石症

 

体内で増えすぎた悪玉コレステロールは胆汁にも流れ出してしまいます。胆汁の中で処理しきれなくなると、処理されなかった悪玉コレステロールは固まって結石を作ってしまいます。尿結石とは違い、胆のうに結石ができる胆石症はひどくなると手術が必要となる病気です。症状がひどければ、胆のうを摘出しなければならない場合もあります。

 

まとめ

 

いくら私たちが生活していくうえで必要な物質とはいえ、増えすぎると多くの重大疾患につながってしまうことが伝わりましたでしょうか。日常生活で少しでも気になることがあったら、検査を受けることをおすすめします。大がかりなものではなく、簡単にしてもらえる血液検査が身体を知るうえで一番良いでしょう。悪玉コレステロールはすぐに改善できるものではありません。日常生活を振り返り、生活習慣の見直し、改善を行いコレステロールと上手に向き合って生活していきたいですね。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別