世界のヨガスタイル

健康はもちろん、心を落ち着かせる、集中するといった目的でヨガに取り組む方はたくさんいます。
ヨガの世界を覗いてみると様々なヨガのスタイル・種類があります。今回は、「世界のヨガ」について紹介していきたいと思います。

 

そもそもヨガの起源とは

ヨガの始まりは、紀元前にまでさかのぼり、紀元前2500年前後インダス文明だったと言われています。

インダス文明を象徴する遺跡であるモヘンジョ・ダロからは、座法や瞑想する人が描かれたものも発見されており、紀元前1500年頃アーリア人が南下してきた際に、ヨガは発展しました。
彼らが信仰していたヴェーダ聖典の中には、後にヨガに通じる哲学や考え方の片鱗があるようです。
紀元前300〜350年頃には、社会的にヨガが修行法として確立され、認知されていたと思われています
2〜4世紀前後になると、哲学者・パタンジャリがヨーガ・スートラが編纂した「ヨーガ・スートラ」によって、最も古い古典文献が登場。この文献では、座法や瞑想が中心的に編まれており、今のような動的なポーズを中心とするヨガではありません。
本当の自分を見つめ直しどう生きるべきか探り、悟りを開くための方法を段階的に紹介しています。現在行われているようなポーズ・呼吸法を中心とする動的なヨガは、12〜13世紀頃に誕生しました。

世界の珍しい新スタイルヨガ

・花嫁さんの心と体を調整するような「ブライド(花嫁)ヨガ」

・笑いで心と体もスッキリ「笑いヨガ」

・名前からしてびっくり!「ヌードヨガ」

・ビートを楽しむ「ヒップホップヨガ」

・チョコレート好きの方は必見「ヨガとチョコレート」

・妊婦さんに人気で、水中の中でする「アクアヨガ」

・キックボクシング×ヨガなどを掛け合わせた現代的な名前「ハイブリットヨガ」

 

他にもまだまだありますが、海外ならではの発想「大麻ヨガ」なんていうのもあるようです。大麻が違法とされている日本ではとても考えられないですよね・・・。

 

ヨガとピラティスの違いとは?

インドで発祥したヨガは、現在、健康法として普及していますが、本来のヨガは、インドの思想体系に根ざした修行・治療法で、その宗教観に基づいた思想と瞑想によって悟りを学ぶことを目指しています。

そんな背景から、現在のヨガも健康法としてだけでなく、リラクゼーションやうつ病の対策など、エクササイズだけでなく多岐にわたる効果効用が知られています。

一方ピラティスは、第一次世界大戦時にリハビリとして体系化されたトレーニングです。戦時に発展した解剖学を元にした、インナーマッスルトレーニングと言えるでしょう。

また、それぞれのトレーニング手法として、以下の特徴があります。

1.ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化する。
ヨガは、修行や治療の一環として自分を見つめ直すという目的から生まれているため「呼吸」や「ストレッチ」が重視され、心と体をリフレッシュさせる意味合いが強いです。また、身体に負担が少なくゆったりとできる運動なので、「身体の柔軟性を高めてくれる有酸素運動であるというメリットがあります。
そもそも運動不足で、普段は立ちっぱなし、座りっぱなしのような仕事をしている人が始めやすい運動の一つであると言えます。

2.ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える
一方のピラティスでは、身体づくりを重点にしている運動なので筋肉の量を増やせたり、骨の歪みを直せる作用が期待できます。
つまり、健康な身体づくりを目的としている方はピラティスが向いています。


この動きが、ヨガとピラティスを似て非なるものにしています。

 

次ページ

日本で体験できる珍しいヨガの種類

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別