姿勢を正し、美しさを磨こう!

美容に関係があるのは、スキンケアや栄養バランスだけだと思っていませんか?実は、姿勢を正すことも美しさを保つ秘訣の1つだったのです!皆さんも姿勢がキレイな人を見ると「素敵だな」と魅力を感じることがあるのではないでしょうか?どんなに整った顔立ちのひとでも猫背で歩いていたら、少し残念に思ってしまいますよね。またそれだけでなく、姿勢は美肌にも大きく影響するそうなのです。今回は姿勢と美容の関係についてご紹介いたします。


姿勢と美容

 

猫背や反り腰のように姿勢が悪いと血流や体のさまざまな働きの弊害となり、その結果、肌にも悪影響を与えてしまうことになると言われています。つまり、スキンケアをどれだけ頑張っていても、食生活を整えバランス良く栄養素を取っていても、なかなか乾燥や肌トラブルが改善されずキレイになれないという方は姿勢に問題があったのかもしれません。

 

では、姿勢が悪いことによって起こる様々な弊害とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

 

代謝が悪くなる

 

代謝は美容にとってもかなり大切な働きの1つです。美しい肌を保つためには古い肌細胞を押し出し、新しい肌細胞へと生まれ変わるターンオーバーを正常に保つことが重要になるのですが、このターンオーバーも皮膚の「代謝」をさします。代謝が悪くなると、このターンオーバーの周期も遅くなります。そのため、お肌は健康的なハリをなくし、バリア機能が低下したり、ニキビやキズの後が残って治りにくくなったりするなどの肌トラブル、くすみ、しみの原因になるといわれています。

 

血行が悪くなる

 

美容や健康にも大切と言われている血の巡り。姿勢が悪いと、背中の筋肉が使われずに凝り固まってしまい血行不良になってしまいます。血行不良はお顔全体の血色が悪くなりお肌がくすんでしまったり、目の下にクマができたりするなどの原因になります。

 

また、血はたくさんの酸素や栄養素を体全体に運び、代わりに老廃物などの不要物を受取り外へ出す役割を持っています。血行は悪くなるということは、体の隅々まで栄養や酸素を届けられず、体に不要な老廃物をためこんでしまうことにつながるのです。これは、顔のたるみの原因にもなっています。

 

胃腸の働きが悪くなる

 

猫背によって前かがみな生活が続くと、内蔵が圧迫され本来の位置からズレてしまうそうです。そのために内蔵が正常に機能しなくなり、便秘や軟便などのお通じが悪くなってしまうのです。実は腸の働きとお肌の調子は深く関わりがあり、胃腸の働きが悪くなることで肌トラブルが悪化することは良くあります。他にも健康でいるためには胃腸の働きを改善することが重要です。

 

自律神経が乱れる原因にも

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなります。交感神経とは運動しているときや緊張しているときに優位に働き、一方の副交感神経はリラックスしているときや睡眠時に優位に働くそうです。この交感神経と副交感神経のバランスが良く、切り替わりがスムーズに行われているのが健康的な状態といわれています。交感神経、副交感神経のどちらか片方が優位な状態になっても体やお肌には不調が現れます。自律神経の乱れは胃腸の働きを悪くする、睡眠の質を下げる、ストレスを感じやすくなるなどの不調を引き起こす原因となります。自律神経が原因で起こる症状は人それぞれですが、どちらにしても健康や美容に悪影響を及ぼすのは間違いないので注意が必要です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?姿勢が悪くなる原因としては、長時間のスマホの操作やデスクワークによる前かがみの姿勢が癖になってしまったこと、また、運動不足による筋力の低下、座り方や片側にだけ負担をかける荷物の持ち方や癖が原因だと言われています。日々の生活の中で、姿勢を正すことや筋肉をバランスよく使うことを意識しましょうね。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別