合成シャンプーの危険性

「界面活性剤」という言葉を聞いたことはありますか?言葉は分かっていても、どんなものかを分かっている方はあまりいないと思います。今回は「界面活性剤」についてお話していきたいと思います。

 

界面活性剤とは

界面活性剤とは、水と油(水に溶けにくい物)の両方の性質を持ち合わせ、水と油の中を取り持つ性質で、物質の堺の面(=界面)に作用して、界面の性質を変化させるような物質の総称です。界面活性剤の構造は、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分の相反する2つの部分からできています。油と水は混ざりませんが、界面活性剤が仲立ちすることで混ざるようになります。界面活性剤は洗剤のほかに、医療品、化粧品、食品などの成分として利用されているほか、繊維の製造工程など広く使われています。

 

合成シャンプーが体に与える影響

合成洗剤を口から飲んだ場合と、皮膚に塗った場合、どちらが体に影響が強いと思いますか?イメージ的には「口から」ですよね。合成洗剤を飲むなんて、体調が悪くなりそうです。

 

有害物質の吸収と排泄を研究するために、ネズミと合成洗剤を使った実験の様子が書いてあります。「合成洗剤を口から飲ませたネズミ」と「合成洗剤を皮膚に塗ったネズミ」の便と尿をすべて集めて、合成洗剤がどれだけ排泄されたか調べる実験です。その結果、飲ませた方の実験では、1週間で取り込まれた洗剤量のほぼ99%が尿や便によって排泄されていました。

 

ところが皮膚に塗った方の実験では、10日ほど経ってやっと10%ぐらいが排泄されただけだったそうです!残りの90%はどこへ?と思いますね。身体のどこかに残っているのです。合成シャンプーの持つ浸透力は強力で、しかも本来皮膚から取り込まない物質でも入りやすくなっていると言われています。皮膚を通して内臓(特に肝臓)にまで障害を引き起こす可能性は十分にあるのです。頭のかゆみ、フケ、抜け毛等はストレスが原因と思っている人が多いと思いますが、実はシャンプーが原因による場合が多いのです。

 

 

表示されていない合成成分がある?

人体に使用する成分は厚生省によって管理されていて、表示指定成分というものがあります。これはアレルギーなどの皮膚障害を引き起こす恐れがあるため、表示が義務付けられている成分で102品目あります。ただし厚生省が配合を許可している原料は3000品目以上。残りの約2900品目以上は表示指定成分となっていないため、危険性があったとしても表示されないまま配合されている可能性があるのです。シャンプーは原液のまま使用するので、特に濃度が高くなっていますし、濃度の高い状態で保管できるようあらゆる保存料が使われていますし、香料や色素などもたくさん配合されているので皮膚への危険性が高いのです。

 

ほとんど合成シャンプー

合成シャンプーってどんなもの?と思うかもしれませんが、ドラッグストアなどで売っているほとんどのシャンプーが実は合成シャンプーなのです!合成シャンプーは比較的低価格で、詰め替え用だと500円しないで買えるものがたくさんあります。これらは原価が高い高級アルコール系や石油系の合成活性剤を使った合成シャンプーで、髪や頭皮にダメージを与えるものと思っていいでしょう。

 

合成シャンプーは使わない

さらに、髪の美しさを守るキューティクルを剥がしてしまうので、艶がなくなったりパサついたりする原因にもなりますし、ハリやコシがなくなって弱い髪になってしまうためにどんどん抜け落ちていきます。もちろん使ってすぐにこういった状態にはなりませんが、使い続けることで髪や頭皮の状態は悪化してしまうので、合成シャンプーは使わない方が良いと言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。合成シャンプーは使い続けると悪影響なので、使用はなるべく避けましょう。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別