雨と自律神経の関係とは?

雨が降り続けると、気持ちが落ち込みやすく、なんとなく体調が優れなくなります。体はなぜストレスを感じやすかったり、だるくなったりしがちなのでしょうか。実はそこには切っても切り離せない、自律神経が関係しているのです。

 

ストレスの原因

私たちのストレスの原因は、仕事や生活リズムの他に気候もその一つとして挙げられます。例えば、梅雨の時期は低気圧の日が続きますよね。梅雨時期は、低気圧の影響で副交感神経が優位になるため、身体が休息モードになり、だるい、やる気が出ないなどの不調を引き起こし、また「ヒスタミン」という発痛物質が多くなるために、肩こり・偏頭痛なども引き起こしやすくなります。

 

また「ホメオスタシス」という、内部環境を一定に保とうとする機能が人体にあります。外部環境の変化が大きいと、この「ホメオスタシス」の働きが活発になりエネルギーを使うので、体が疲れやすくなるのです。このホメオスタシスが担っている重要な役割が「自律神経」です。これらを整える生活を心がけることで、梅雨の時期も健康に過ごすことができますよ。

 

 

「自律神経」とは

自分の意思とは無関係に体の機能を調整してくれます。血管や内臓の働きをつかさどり、すべての体内のはたらきに自律神経が関わっています。胃腸で消化吸収をしてくれるのも、呼吸によって酸素が肺に送りこまれるのも、自律神経が生命維持のコントロールをしてくれるおかげなのです。

 

自律神経には「交感神経」と呼ばれるものと、「副交感神経」と呼ばれる2種類が存在します。

 

〇交感神経

心身を緊張させ、興奮状態に導く。

心拍数を増やす、血圧を上げる、消化器の働きを抑える。

 

〇副交感神経

心身をリラックスさせ、鎮静状態に導く。

心拍数を減らす、血圧を下げる、消化を活性する。

 

交感神経は主に仕事や家事、勉強や運動など活動をしている昼間に働きます。また、副交感神経は就寝時や食事中など、リラックスしてゆったりと過ごしているときに働きます。

 

自律神経の乱れ

交感神経と副交感神経はバランスがとれていなければなりません。一方の神経が優位になっていると、もう一方の神経の働きが抑えられます。二つの神経のバランスが悪くなると、自律神経が乱れた状態になります。

 

自律神経を健やかに

自律神経を整えることができれば、梅雨の時期も元気に過ごすことができます。食事・睡眠・運動を整えましょう。

 

〇食事

基本ですが、朝・昼・夕の1日3食は規則正しく食べましょう。

 

食物繊維:副交感神経を優位に保つのに食物繊維はうってつけです。ごぼうやきのこ類、海藻類が良いでしょう。

発酵食品:自律神経が乱れると免疫力の低下に繋がります。発酵食品で腸内環境を整えて免疫力を高めましょう。味噌、納豆、ヨーグルトがおすすめです。

水分:朝起きたらコップ1杯の水を飲んで血液の流れを良くしましょう。

 

〇睡眠

副交感神経が最も働いているのは睡眠時です。質の良い睡眠をとりましょう。

 

ぬるめのお風呂:

睡眠に入りやすいのは体温が少し下がった時です。38~40度程度のぬるめのお湯にゆったりと使ってください。寝る1時間前までに入浴が終わっていると効果的です。

 

入浴後:

テレビを見ながら、音楽を聴きながら、ストレッチやマッサージをしましょう。テレビやスマホは交感神経を刺激するので、見過ぎは禁物です。

 

〇その他

深呼吸:ため息吐いたことありますよね。ストレスを逃がすためにしている行為なのです。鼻からゆっくり空気を吸い込み、限界まで吸い込んだら数秒息を止めましょう。息を吐くときは細く長く、ゆっくり吐いてください。

 

よく笑う:笑うことはストレス発散になります。笑うと幸福感が感じられ、脳がリラックスし、働きも活性化されます。

 

まとめ

いかがでしたか?雨が多い時期は、じめじめしている上に体調も思わしくないと気分が上がりませんよね。生活の乱れは自律神経の乱れに繋がることになります。自律神経を整えるささやかな方法で、日々の生活を見直してください。楽しく健やかに雨の日も乗り切りましょう!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別