二重あごを解消しよう!

少し下を向いたり、喋っている時に二重あごが気になっている人いませんか?
お肉がついてしまって二重あごになることを悩んでいる人は結構いますが、実は痩せている人でも二重あごになってしまうことはあるんです。

顔全体が大きく見えてしまったり、老けて見えてしまったりとデメリットばっかりの二重あご。今回はそんな二重あごの原因や対処法について紹介していきたいと思います。

 

二重あごの原因

二重あごは、老廃物や水分などが首元に溜まり、脂肪になることが原因のひとつと考えられます。
もちろん、太っていることや加齢が関係しているケースはありますが、実はそれだけではなく、生活習慣の乱れや姿勢の乱れなどが二重あごの原因を作っている可能性があると言われています。
実際の原因を一つずつ見ていきましょう。

 

肥満

老廃物や水分だけでなく、純粋に脂肪が多くなることで二重あごに起こりやすくなります。食生活の乱れや運動不足で太ってしまい、顔の周りまで脂肪がついてしまった場合、解消するにはダイエットが必要になってしまいます。特に皮下脂肪が蓄積するとむくみやセルライトになり、解消しにくい二重あごの原因となってしまいます。年齢を重ねると顔の下半分に脂肪がつきやすくなるため、日頃の生活習慣から注意していく必要があります。

 

姿勢が悪い

姿勢が悪い場合、血流の乱れや老廃物の蓄積が起こりやすくなります。背中を丸めた前かがみの姿勢は、顔も下向きになりやすいため、頬やあご周りに老廃物や水分が溜まりやすくたるんでしまうと言われています。もし日頃の姿勢が悪いと感じている人は、鏡を見ながらあごから首にかけて触ってみてください。姿勢を正して前方を見ている時にはない、あごのたるみが感じられるのではないでしょうか。長時間のデスクワークなどで猫背気味の人や、足を組んだり、頬杖をついたりする人は特に注意をしておきましょう。

また、スマホを見る時間が長いという方も二重あごになりやすい傾向があります。正しい姿勢をしている状態で首の骨を横から見ると、S字カーブを描いているのが正常なのですが、スマホを見ている状態では首の骨は縦にまっすぐ積まれている状態になります。この状態が長く続くことにより首の正面には脂肪が付きやすくなり、やがてそれが二重あごになる可能性があるのです。

 

表情筋の筋力低下

その他の原因として、表情筋の筋力の低下が考えられます。人の体は頬からあごにかけて、厚めの脂肪が存在しています。そのため、表情筋が衰えることによってこの脂肪が支えきれず、二重あごに繋がりやすいと考えらえているのです。
また加齢で表情筋が衰えることにより、皮膚がたるんで顔の中で最も下にあるあごに脂肪がおち、二重あごができてしまうとも言われています。

 

日常生活で気を付けるポイント

姿勢を整える

最も簡単に取り組める解消法は、姿勢を整えることです。
血行をよくし老廃物を流すためにも、背筋を伸ばし姿勢を整える習慣をつけることが解消の一歩になります。その場合はあごがたるまないよう注意をしてみましょう。
また、立ち姿勢や座る姿勢だけでなく、スマートフォンを見ているときの姿勢なども影響してくる可能性があります。
目線よりも低い位置でスマートフォンを持ち覗き込む習慣がある人は、顎周りに脂肪や老廃物が溜まりやすい姿勢なので注意が必要です。できる限りスマートフォンを目線の高さまで上げることで負担を減らすことが可能です。

 

表情豊かにする

顔の筋肉を鍛えることは、たるみなどの予防になり効果的です。
しかし顔の筋肉を鍛えるのはなかなか取り組みづらいため、まずはたくさん笑って表情豊かに過ごすように心がけましょう。表情筋をもっとも使うのは、笑顔だと言われています。良く笑うことによって、二重あごだけでなく、顔全体の筋肉を使うため、老け顔の対策に繋がることも期待できます。
時々、意識的に顔を動かしたり、表情筋の体操をしましょう。そうすることで表情筋を鍛えましょう。

〇左右対称に体を使う
左右の筋肉に歪みがある場合、良い姿勢も維持しにくくなります。
カバンを持つときや食べ物を食べるとき、足を組むなど左右で差はありませんか?筋肉や骨格の左右差は、体が歪み慢性的な肩こりや腰痛、たるみができるので、なるべく左右対称に使いましょう。

 

〇リンパの流れをスムーズにする
あごの両脇にはリンパ管やリンパ節が多くあります。表情筋が衰えたり、老廃物が蓄積すると、リンパの流れが滞り顔のたるみや二重あごになりやすくなってしまいます。また、姿勢が悪い人は骨盤や背骨が歪みやすく、頭部や首にも影響します。血行やリンパの流れが悪くなりやすく、老廃物が顔の周りに蓄積されることで二重あごを引き起こします。顔の周りのリンパの流れをよくするマッサージを行いましょう。

 

〇よく噛む
日頃からよく噛む習慣をつけることで、下あごの筋力が鍛えられたるみが少なくなります。近年はあまり噛まなくてもよい柔らかい食べ物が増えているので、一口30回を目標にしてしっかり噛んで食べましょう。
スルメやおせんべいのいもけんぴ、ゴボウ、鮭とば、昆布など、噛む食べ物を意識して食べましょう。

 

次ページ

「エクササイズによる解消法」

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別