二重あごを解消しよう!

痩せてるのに二重あごになっている人や、少し下を向いたり、喋っている時に二重あごになっている人いませんか?
太っている場合にはお肉がついてしまって二重あごになることはありますが、実は痩せている人でも二重あごになってしまうことはあるんです。

二重あごは顔全体が大きく見えたり、老けて見えたりしてしまうこともあります。
今回はそんな二重あごの原因や対処法について紹介していきたいと思います。

 

二重あごの原因

二重あごの原因はいくつか考えられます。
二重あごは、太っていることや加齢が関係しているとされていますが、実はそれだけではなく、日常生活の中で自分自身が二重あごの原因を作ってしまっていることもあると言われています。

・肥満

これは誰もが思い浮かぶ原因の一つです。
過剰に食事を取っていませんか?二重あご原因の一つとして、肥満が考えられます。太ってしまい、顔の周りまで脂肪がつくことによって、二重あごになりやすいと言われています。

・姿勢が悪い

二重あごの原因として、姿勢が悪いということも考えられます。背中を丸めた前かがみの姿勢は、顔も下向きになりやすいため、頬やあごがたるんでしまうと言われています。その姿勢で鏡を見たときに、あごから首にかけて触ってみてください。姿勢を正して前方を見ている時にはない、あごのたるみが感じられるのではないでしょうか。

また、スマホを見る時間が長いという方も二重あごになりやすいです。正しい姿勢をしている状態で首の骨を横から見ると、S字カーブを描いているのが正常なのですが、スマホを見ている状態では首の骨は縦にまっすぐ積まれている状態になります。この状態が長く続くことにより首の正面には脂肪が付きやすくなり、やがてそれが二重あごとなるのです。

 

・表情筋の筋力低下

二重あごの原因として、表情筋の筋力の低下が考えられます。実は、頬からあごにかけては、脂肪が分厚い部分だと言われています。そのため、表情筋が衰えることによってこの脂肪が支えきれず、二重あごに繋がりやすいと考えらえているのです。

 

日常生活で気を付けるポイント

・姿勢を整える

背筋を伸ばし、姿勢を整えることを意識して過ごしましょう。あごがたるまないよう、姿勢を整えて楽しむようにしましょう。ここで、スマートフォンのおすすめの持ち方を紹介します。スマートフォンを片手で持ち、目線の高さまであげます。そこで、もう片方の手を脇の下、もしくは肘と体の間に差し込み、スマートフォンを持っている方の腕を支えるという方法です。これだけで、かなり楽にスマートフォンを目線の高さに合わせ、姿勢を正して楽しむことができます。

 

・表情豊かにする

たくさん笑って、表情豊かに過ごすように心がけましょう。表情筋をもっとも使うのは、笑顔だと言われています。良く笑うことによって、二重あごだけでなく、顔全体の筋肉を使うため、老け顔の対策に繋がることも期待できます。

顔のエクササイズ

〇美姿勢ケア(所要時間5秒)

このエクササイズは、正しい姿勢で行わないと意味がありません。そこでまずは、以下の手順に従って正しい姿勢を作ってください。

 

<正しい姿勢の作り方>

・体幹に力を入れて姿勢を正して立つ

・胸のトップが二の腕の真ん中になるようしっかり胸を張る

・腰は返らないように

 

<美姿勢ケア>

・あごの前でピースサインを作り、あごを後ろに引く

・鎖骨に両手を置き、右手は右肩、左手は左肩へスッと胸を広げながらスライドさせる

・横からみたときに、耳の穴に位置と肩の位置がまっすぐになっていればOKです

 

〇スッポンのストレッチ(所要時間30秒)

首筋にある斜角筋をストレッチし、首のむくみを解消します。「いろいろ試したけど肩こりが治らない!」という人にも有効です。

・両手をクロスにして鎖骨の下に添え、手を真下に引っ張り首の皮を伸ばす

・あごを上に持ち上げる

・首を右に傾け5秒、左に傾け5秒、これを1セットとし、3~5セットを繰り返す

 

まとめ

今回は二重あごについて紹介してきました。日常の生活で気を付けられることは意識して直し、できるだけ原因を作らないようにしましょう。また。二重あごになってしまっている場合でも諦めず、いろんな方法を試してみてください。

関連記事
ダイエットと貯金との以外な共通点

体脂肪率から見る理想のボディとは

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別