家庭菜園で有機栽培にチャレンジ!

「有機栽培」で育てられた野菜をよくスーパーで見かけますよね。有機栽培ってなんとなく体によさそう…と思います。手間暇がかかり栽培するのは難しそうだとイメージするかもしれませんが、実は自宅でも有機栽培の野菜を育てることができるんです。その方法をご紹介します。

 

有機栽培とは

化学肥料や農薬を使用せず、有機質のものだけで農作物を育てる栽培方法です。しかし、無農薬というわけではないので誤解しないようにしてくださいね。

 

有機肥料と化学肥料

〇有機肥料

有機栽培をするには、育てる段階で有機質のものを使う必要があります。有機肥料は微生物が分解することで吸収可能となるため、肥料の効果が長く続きます。

 

また、微生物や土の中の生物のエサになるので、それらの種類が増えて生物相が豊かになります。これにより土の緩衝力が高まります。

 

有機質成分からできている肥料には油粕や米ぬか、大豆粕などの植物性の有機物、鶏糞や魚粉、カキ殻など動物性の有機物を原料にした肥料があります。

 

〇化学肥料

化学肥料は鉱石や空気中の窒素ガスなど、自然界に存在する無機物を原料にして化学合成した肥料です。有機肥料は含まれている成分量にムラがあります。しかし化学肥料にはムラがなく、どれだけ使えばいいかわかりやすいため、誰でも扱いやすいのが特徴です。

 

デメリットとしては、土の中の有機物が減少してしまうため土の緩衝作用がなくなってしまう点です。

 

野菜を栽培するときに効率性を求めるなら化学肥料が使いやすいですが、長期的に土壌を使う場合は、生態系や状態を維持することが求められます。そのため有機肥料の方がおすすめになります。すぐに効能がわかるのは化学肥料、長期的にじっくり効果があるのは有機肥料です。

 

肥料にこだわる

「堆肥」とは「肥料の成分を含んだ土」のことです。原料次第で栄養価が変わります。実際に栽培で使う堆肥を自分で作ってみましょう。堆肥の原料は落ち葉や枝、野菜のかわ、米ぬかなど自然由来のものを混ぜて作ります。

堆肥だけでは効果が出るまでに時間がかかります。その理由は、微生物の働きを待たなくてはいけないからです。そのため、早く効果が欲しい場合は堆肥と土を混ぜて使いましょう。

 

土にこだわる

土づくりにこだわるのは、有機の力をたくさん借りるためです。市販でも有機栽培用の土は売っています。しかし今回はせっかくなので土も自分で作ってみましょう。おすすめの方法は外から集めてくる方法です。藪の中にある土屋、大量に落ちている落ち葉、堆肥づくりにも使う野菜の皮などの生ゴミはすべて土の材料になります。

 

虫よけ

有機栽培で直面する問題は、害虫被害です。できるだけ農薬を使っていないため、普通の栽培方法と比べると虫が寄ってきやすくなります。そのため、虫対策も肝心になります。

 

米酢と唐辛子を使った防虫剤の作り方をご紹介します。米酢には抗菌と殺菌効果があり、唐辛子は害虫が嫌う匂いが発せられているので、とても効果的なんです。純米酢(500ml)にヘタと種を取った唐辛子(約10本)を容器に入れて、1か月~2か月寝かせます。これが原液になります。作った原液を水で薄めて、スプレーボトルを使って作物の全体に噴射して下さい。薄め方は、水350mlに対し、原液1mlの分量が良いです。唐辛子の他にも、ニンニクを1~3片潰して混ぜ合わせると効果的ですよ。

 

まとめ

有機栽培の仕組みを知っていただけましたか?自分で育てる家庭菜園では、失敗もたくさん多いと思います。しかし、一から自分で作った野菜は安心ですし、作る大変さも知ることができて学びが多くなります。ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別