食中毒を防ぐためには

下痢や腹痛、嘔吐などの症状が急に出たことはありませんか?そんな時に疑われるものが「食中毒」です。飲食店などの食事だけでなく、家庭内の食事でも発生する可能性があります。今回は食中毒を防ぐ方法について紹介していきたいと思います。

 

食中毒のアレコレ

食中毒とは、食中毒を起こす元となる細菌やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、下痢や腹痛、発熱、吐き気などの症状が出る病気のことです。食中毒の原因によって、病気の症状や食べてから病気になるまでの時間はさまざまです。時には命をも脅かすとても怖い病気です。

 

細菌による食中毒にかかる人が多く出るのは、気温が高く、細菌が育ちやすい6月~9月頃です。ウイルスによる食中毒は空気が乾燥する冬に流行します。

 

また、キノコやフグなどには、自然に有毒な物質を含んでいるものがあり、そういったものを間違えて食べていることにより、食中毒になることもあります。食中毒を起こす細菌は、土の中や水、人や動物の皮膚にも存在していて、特別な細菌というわけではないのです。そのため、食品を作る途中で菌がついてしまったり、家庭で料理したものを、温室に長い時間置いたままにしておくと、細菌が増えてしまいます。

 

 

食中毒の主な原因

〇腸管出血性大腸菌(O157やO111など)

 

牛肉や豚などの家畜の中にいる病原大腸菌の一つで、O157やО111などが聞いたことがあると思います。毒性の強いベロ毒素を出し、下痢や腹痛、出血性の下痢を引き起こします。腸管出血性大腸菌は食肉などに付着し、加熱不十分な肉を食べたり、肉を生で食べたりすることによって食中毒を発生します。高齢者や乳幼児などは重症化し、最悪の場合死に至ることもあります。

 

〇カンピロバクター

 

豚や牛、猫や犬などの腸の中にいる細菌です。この細菌が付着した肉を、加熱不十分で食べたり、生で食べたりすることによって、食中毒を発症します。

 

〇サルモネラ菌

 

牛や豚、鶏、川の生き物、ウナギ、すっぽん、また猫や犬などの腸の中にいる細菌です。牛・鶏・豚などの食肉、卵などが主な原因食品となるほか、ペットやネズミなどによって、食べ物に菌が付着する場合もあります。菌が付着した食べ物を食べてから半日~2日後ぐらいで、激しい胃腸炎、嘔吐、吐き気、下痢、頭痛などの症状が現れます。

 

〇セレウス菌

 

河川や土の中など自然に広く分布している細菌です。土が付きやすい穀物や豆類、香辛料などが主な染色源となり、米・小麦・豆・野菜などの農作物・穀物を原料とする食品が原因になります。例えば、「チャーハン」や「ピラフ」、「スパゲティー」や「焼きそば」などのメニューは注意が必要です。毒素の違いによって、症状は嘔吐型と下痢型の症状に分けられます。嘔吐型は食後1~5時間後、下痢型は食後5~16時間後に症状が現れます。

 

 

食中毒を防ぐポイント

〇食品を加熱するときの注意点

 

ほとんどの細菌は熱に弱いので、十分に加熱して食べることが基本です。肉や魚介類は、中心まで火が通るように加熱してください。75℃以上で1分が基本です。また、残り物は必ず再加熱してから食べるようにしましょう。

 

〇冷蔵庫の使い方

 

買い物の時は、冷蔵や冷凍が必要な食品は最後に購入し、家に帰ってからはすぐに冷蔵庫に入れましょう。温度の設定は、冷蔵庫は5℃以下、冷蔵庫は-5℃以下にします。可能な限り、開閉回数を減らし、中の温度が上がらないようにすることが大切です。

 

〇包丁、まな板の注意点

 

まな板は肉用、魚用、野菜用で使い分けるのがオススメです。表と裏で使い分けても、菌の付着は避けられません。肉や魚を調理したあとは、包丁・まな板などをよく洗う事が大切です。83℃以上の熱湯をかければ安心です。また、塩素系漂白剤で浸したタオルでまな板や包丁を包むようにすれば、全体を漂白・殺菌することができます。

 

〇お弁当作りでの注意点

お弁当のおかずは、十分火を通してください。ただ、温かいまま詰めると細菌が増殖しやすくなるため、冷ましてから詰めるようにしましょう。

塩、砂糖、酢などで味付けを濃くすると、細菌の増殖を抑えることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。食中毒かなと思ったら、自己判断せず、早めに医者にかかりましょう。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別