うるおい不足の肌におすすめのベースメイク法

顔が乾燥してしまうと、ベースメイクも上手にできないし、ファンデーションもうまくのらないですよね。間違ったベースメイクをしてしまったら、乾燥肌が余計にひどくなる場合も...。

今回は乾燥肌の方必見!おすすめのベースメイクを紹介していきたいと思います。

 

そもそもなぜ乾燥肌になるの!?

乾燥肌は、皮脂や角質層からなるお肌のバリア機能が失われ、内部の水分やセラミドと呼ばれる細胞間脂質や、天然保湿因子・NMFなどが流れ出てしまった状態のことを言います。肌の表面がはがれてカサカサの粉吹きになったり、紫外線やアレルゲンなどちょっとした刺激に弱く、ピリピリしてしまうのです。

 

原因は空気の乾燥だけでなく、ゴシゴシ洗顔の摩擦、エアコンの当たりすぎ、UVケアを怠ったことなどが考えられます。また飲み過ぎ、夜更かし、喫煙、食生活の乱れなどから新陳代謝が正常に行われなくなる「内部要因」も大きく作用します。

 

 

間違ったベースメイクとは

続いては、日ごろ自分が間違ったベースメイクをしていないかチェックしてみましょう!

 

〇メイク前に保湿ケアを怠ってはいけない

 

お化粧前だからといって、美容液などの保湿ケアを省くのは間違いです。一時的に水分を保湿することはできますが、それが肌に定着することはありません。メイク前でもきちんと美容液を塗り、定着した後でメイクをしましょう。

 

〇リキッドタイプのファンデーションで肌は潤わない

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、液状なので肌が潤うような気がしますが、それは大間違いです。ファンデーションはもともと粉状ですから、それを溶かすのに界面活性剤を使用します。リキッドファンデーションの水分が肌に浸透することはないので、肌の保湿にはなりません。

 

〇ピーリング

 

ピーリングは肌がつっぱるから冬はしないというのは間違いです。ピーリングは肌の角質ケアです。ターンオーバーを促し、肌内部のセラミドを増やす効果もあります。冬の乾燥時に、乾燥対策として定期的にピーリングをすると、乾燥肌対策になるので実は効果的なのです!

 

 

乾燥改善しながらベースメイクもできる

メイクをすると乾燥肌が悪化してしまうような人は、間違ったベースメイクをしている可能性があります。肌を労わる保湿ケアをし、乾燥肌改善に努めましょう。

①洗顔をする

乾燥肌の人は、朝も夜も同じようにしっかり洗顔をしましょう。朝も夜も同じく石けんでしっかり洗顔し、汚れと余分な皮脂を洗い流しましょう。

 

②美容液を塗る

次に、朝でも多めに保湿成分が入った美容液でたっぷり保湿ケアをし、それをメイク下地にしましょう。朝も夜も美容液を塗らない方も多いと思いますが、外出先は冷房や暖房などで乾燥しがちで、日中でも肌が乾燥しきってしまうこともあります。朝も化粧水を塗ったら、美容液を塗り、それが肌に馴染むまで10分ほど待てば、メイクの下地になります。

 

③パウダーファンデーションを塗る

肌に美容液が馴染んだら、パウダーファンデーションをたたきこむように塗りましょう。パフを優しく肌に置くような感じでファンデーションを塗りこむと、厚塗りにならずに程よくファンデーションが肌にのります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分に合ったファンデーションがまだ見つかっていない方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別